HSPってどんな病気なのか?

HSPは病気ではなく気質だと知っている人は少ないかもしれませんが、繊細さんとも呼ばれていて複数のタイプがありますよ。

内向型HSPは少人数や一人で過ごす時間が安心できる人が多く、刺激に敏感な繊細さがあり性格は控えめな傾向があり、共感性が高くて余計な事を考えやすいですが、怒りの感情をぶつけてくる人との相性が悪いのです。

外向型HSPはHSEとも呼ばれていて、内向型より団体行動はできて社交的な面がありますが、共感性が高く繊細でストレスを溜め込みやすく疲れやすいという特徴があるのです。

HSS型HSPは刺激追求型HSPとも呼ばれていて、好奇心旺盛で活発に動けますが、疲れやすく二面性の矛盾を抱えているという特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。