治療で使われている?電気けいれん療法とは?

精神科の治療で使われている電気けいれん療法とは、どんな治療方法なのか知っていますか?

電気けいれん療法はECTと呼ばれていて、主に統合失調症や気分障害などの治療で使われている方法であり、緊急の時の治療としても有効だと言われています。

薬物療法よりも早い効果が期待できるため、薬物治療が難しい患者の治療として使われているのです。

サイマトロンという治療機器を用いて、脳に電極を貼り付けて電気を流し痙攣させるため、治療後には交感神経が優位になって副作用として頭痛や吐き気などの症状が出たり、記憶に影響が出たりする事があるそうです。

この電気けいれん療法は効果がある人とない人がいるため、気になる方は精神科の専門医に相談してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。