赤ちゃんの予防接種、なぜ必要なの?

現代ではワクチンの接種は賛否が分かれますが、受けるのが当たり前だと言われている赤ちゃんの予防接種は打たせた方が良いのでしょうか?

そもそもワクチンは感染症を予防するための物であり、重い後遺症や治療が難しい病気を回避するために必要なのです。

感染症にかかってしまったら、自分だけでなく周囲にもリスクを与える事になりますよ。

打たせない事によって病気にかかり、重症になったり亡くなるというケースもあるため、打つリスクと打たないリスクをよく考えた方が良いでしょう。

医学部や看護学部や教育学部で実習を受ける時など、赤ちゃんが大人になって自分の意思でワクチンを接種する場合、一度に纏めて接種する事はできないため、子供の将来の事を考えて予防接種を考える事が大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。