境界性パーソナリティ障害ってどんな症状がある?

パーソナリティー障害は10種類あると言われていますが、その中でも境界性パーソナリティー障害とはどんな症状があるのでしょうか?

境界性パーソナリティーは10代から20代の若い女性が多く、鬱病など他の疾患を併発しやすいため、精神科で取り扱われている事が多いのだそうです。

恋人と付き合って気持ちが不安定になったり、相手に強く依存したり、束縛するという事ですが、幼少期の生活環境が原因だと言われていますよ。

自傷行為を伴うケースも多いため、病院へ受診する事を考えましょう。

しかし、パーソナリティー障害は薬による治療で改善できる訳ではないため、自分自身の事を省みたり、自傷以外のストレス発散方法を探してみましょう。

年齢を重ねるごとに落ち着いていくという事ですから、焦らず改善していくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です