あまり知られていない精神疾患とは?

未だに治療方法や原因が分かっていない精神疾患が存在していますが、一体どんな疾患があるのでしょうか?

ミュンヒハウゼン症候群とは極端な詐病という事であり、身体は特に問題がないのに病気である事を認められたいという考えで、体調不良を装って病院を複数受診したり、自傷してまで病人になろうとするのですが、同情されたいという考えなのです。

統合失調症は人種や国は関係なく発症する精神疾患であり、ネガティブな妄想や幻聴などの症状が多くて、よく見られる疾患だと言われていますが、原因は未だハッキリしていないのです。

カプグラ症候群とは周囲の人が全く別人に入れ替わってしまったという妄想の症状であり、この症状が出ると周囲の人を避けたり恐るため、周囲の人は戸惑う事になるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です