精神科と心療内科は何が違う?どこを受診すればいい?

精神科や心療内科など色々な診療科がありますが、どの診療科を受診するのが正解なのでしょうか?

精神科は、うつ病や統合失調症、不安障害やPTSDなど精神疾患が専門の診療科であり、心の病気で悩んでいる方向けですから、精神疾患そのものを治療したいと考えている方は受診すると良いでしょう。

心療内科は、ストレスによって引き起こされる頭痛や吐き気、過敏性腸症候群など体の症状が出る心身症が専門の診療科であり、ストレスが原因で体にも症状がある方向けですよ。

どっちの診療科を受診すればいいのか分からなかったら、診療科を設けている病院に問い合わせて聞いてみたり、精神科と心療内科の両方の診療科がある病院を受診するのがオススメです。

強迫性障害ってどんな症状?

強迫性障害には色々な症状があると言われていますよ。

潔癖な思考を持っていて汚れや菌を強く恐れていたり、洗浄についても何度も気にしてしまうなら強迫性障害の可能性が考えられるでしょう。

対称性や特定の数にこだわったり、とにかく強いこだわりを持っていたり、自分自身が決めた規則や儀式に縛られるような場合も該当するのだそうです。

強い不安を持っていて、文章など間違いかないか何度も確認したり、鍵のかけ忘れや火の元を何度も確認したり、とにかく何かを何度も確認するような行為も強迫性障害と言えるでしょう。

強い恐怖を持っていて、衝動的な行為を恐れていたり、他人に危害を加えていないか恐る人もいるそうです。

心の中で何かを唱えるなどの精神的な強迫行為に縛られていたり、物を捨てられなくて溜め込んでいる人も強迫性障害の可能性が考えられますよ。

ADHDってどんな特徴があるのか?

発達障害の一つであるADHDになった人はどんな特徴があるのでしょうか?

ADHDとは注意欠陥多動性障害の事であり、落ち着きがなかったり、我慢が苦手で思いついたら衝動的に行動したり、集中力が続かなくて忘れっぽいなどの特徴が表れて、この状態が日常生活に支障をきたす事があると言われていますよ。

原因は完全には解明されていませんが、感情や思考をコントロールしている前頭前野の異常によって起こるものなのです。

ADHDの人の特徴として、新しい発想を発揮して創造性が高い傾向があり、歴史上の天才もADHDだったのではないかと言われているのです。

幼い頃から特徴が出ている事が多いですが、幼少期には問題にならなくて気づかなかった人が大人になって自分がADHDだと気づくケースも多いのだそうです。

境界性パーソナリティ障害ってどんな症状がある?

パーソナリティー障害は10種類あると言われていますが、その中でも境界性パーソナリティー障害とはどんな症状があるのでしょうか?

境界性パーソナリティーは10代から20代の若い女性が多く、鬱病など他の疾患を併発しやすいため、精神科で取り扱われている事が多いのだそうです。

恋人と付き合って気持ちが不安定になったり、相手に強く依存したり、束縛するという事ですが、幼少期の生活環境が原因だと言われていますよ。

自傷行為を伴うケースも多いため、病院へ受診する事を考えましょう。

しかし、パーソナリティー障害は薬による治療で改善できる訳ではないため、自分自身の事を省みたり、自傷以外のストレス発散方法を探してみましょう。

年齢を重ねるごとに落ち着いていくという事ですから、焦らず改善していくと良いでしょう。

双極性障害ってどんな疾患?

双極性障害とはどんな鬱の疾患なのでしょうか?

双極性障害とは気分の浮き沈みが激しく繰り返す症状であり、躁状態は高揚感があり、誇大妄想や万能感を感じたりしますが、鬱状態は憂鬱な気分が続いてしまう状態であり、これを両極端に行ったり来たりするのです。

治療すれば治す事ができる症状であり、心や性格の問題というわけではなく脳の症状ですが、一型と二型の2種類に分けられて、社会生活にも支障をきたす場合には治療が必要だと言えるでしょう。

躁状態だと睡眠時間が減少して、思考も早くなり喋りも増えると言われていますが、集中できていない状態であり、鬱状態だと眠れなかったり寝すぎたり、頭が動いてくれなくて楽しさや興味を感じない状態だという事です。

心の病気、その仕組みとは?

心の病になったら、その原因は何で回復方法はあるのでしょうか?

心の病の根本的な原因と言える心の疲労は、心が弱ってしまっている時に病を患うという仕組みになっていて、心の疲労は誰でも何らかの原因で感じるものですが、全員が心の病になるわけではなく、大抵の場合は時間が経つと回復するのです。

心の疲労は、筋肉と頭と感情と魂の疲労という4種類に分類されて、長時間労働などの過度な肉体的疲労や、頭の疲労は何も考えられなくなっている状態や、感情的な起伏による疲労や、魂の疲労は生きる気力が感じられないという状態なのです。

心の病に悩まされているとしても、元の健康的な状態に戻る事ができると言われていて、大切な事は自分自身の状況を理解したり、心の病になったプロセスを逆戻りする事なのだそうです。

あまり知られていない精神疾患とは?

未だに治療方法や原因が分かっていない精神疾患が存在していますが、一体どんな疾患があるのでしょうか?

ミュンヒハウゼン症候群とは極端な詐病という事であり、身体は特に問題がないのに病気である事を認められたいという考えで、体調不良を装って病院を複数受診したり、自傷してまで病人になろうとするのですが、同情されたいという考えなのです。

統合失調症は人種や国は関係なく発症する精神疾患であり、ネガティブな妄想や幻聴などの症状が多くて、よく見られる疾患だと言われていますが、原因は未だハッキリしていないのです。

カプグラ症候群とは周囲の人が全く別人に入れ替わってしまったという妄想の症状であり、この症状が出ると周囲の人を避けたり恐るため、周囲の人は戸惑う事になるのだそうです。

うつ病治療で失敗しないために

うつ病を発症したら治療をする事になりますが、治療で失敗しないためにどんな事に気をつければ良いのでしょうか?

治療中のお金が心配だから、治療しながら就活しようと考える方もいるかもしれませんが、精神的な状態が良くないと頭が回らなかったり、履歴書や面接の準備もできなかったり、人前で喋る事も難しいですし、成功しにくいのです。

ネットでは精神科の薬について様々な情報が書かれていますが、それを信じて自己判断で無理に断薬をしてしまうと、逆に症状が悪くなる事が考えられるので、医師の指示に従って正しい方法で断薬する事が大切ですよ。

うつ病を発症したら、まず大切なのはゆっくりと休む事ですが、普段運動をしない人が筋トレなど運動をすると、精神的に悪い影響が出る事もあるのだそうです。

うつ病のサイン、どんなものがある?

現代社会の病であるうつ病にかかったら、どんなサインがあるのでしょうか?

常に疲れていたり気分が落ち込んでいるという人は、数日も記憶の低下が続いたり、朝起きても疲れているならうつ病である事が考えられるのだそうです。

自尊心が失われてしまっていて悩んでいる事があるなら、自治体の心の電話で相談してみると良いでしょう。

記憶力と集中力が低下しているならうつ病である事が考えられますので、仕事を行う事すら困難であると考えられますが、このサインは必ずしもうつ病だとは限らないのだそうです。

睡眠のパターンが変化した事によって、不眠症や過眠症の症状が出る事があると言われていますし、気力がなくてエネルギー切れの状態になりベッドから出られないならうつ病である事が考えられるそうです。

心の病、適応障害とは?

適応障害という心の病気が、一体どんな病気なのか知っていますか?

現代人はストレス社会の中で生きていますが、仕事でのストレスを溜め込み過ぎると、適応障害という精神疾患を発症する事があるのです。

これは特定の出来事や状況に過度なストレスを感じると発症すると言われていて、不安などが増大する事によってネガティヴに考えたり、思考停止して何も考えられなくなったり鬱状態になるのだそうです。

適応障害になると、衝動的な行動を引き起こす事が増えると言われていて、例えば衝動買いや暴飲暴食をしてしまうのだそうです。

他にも、情緒不安定になったりするとも言われているため、症状を改善したいのであれば環境を変える必要がありますが、気になるのであれば医師に相談してみると良いでしょう。