HSPってどんな病気なのか?

HSPは病気ではなく気質だと知っている人は少ないかもしれませんが、繊細さんとも呼ばれていて複数のタイプがありますよ。

内向型HSPは少人数や一人で過ごす時間が安心できる人が多く、刺激に敏感な繊細さがあり性格は控えめな傾向があり、共感性が高くて余計な事を考えやすいですが、怒りの感情をぶつけてくる人との相性が悪いのです。

外向型HSPはHSEとも呼ばれていて、内向型より団体行動はできて社交的な面がありますが、共感性が高く繊細でストレスを溜め込みやすく疲れやすいという特徴があるのです。

HSS型HSPは刺激追求型HSPとも呼ばれていて、好奇心旺盛で活発に動けますが、疲れやすく二面性の矛盾を抱えているという特徴があります。

サイコパスとソシオパスにはどんな違いがあるのか?

サイコパスとソシオパスはどちらも反社会性パーソナリティ障害として分類されますが、違いがありますので理解しておくと良いでしょう。

サイコパスは先天的で脳の構造も一般的な人とは異なる傾向があり、冷静で他人とのコミュニケーションも取れますし、計画して行動する事ができますが、人を操るのが上手いという特徴があり、仕事も長続きさせられるのです。

ソシオパスは後天的ですから育った環境が影響していると言われていて、気が短くて急に怒り出すため暴力に繋がりやすく、自意識過剰で無計画で衝動的な行動が多いため、一つの仕事が長続きせず仕事を変えやすいという特徴がありますよ。

どちらも共感性がなく、ルールに従わないため、付き合う際には注意が必要だと言えるでしょう。

治療で使われている?電気けいれん療法とは?

精神科の治療で使われている電気けいれん療法とは、どんな治療方法なのか知っていますか?

電気けいれん療法はECTと呼ばれていて、主に統合失調症や気分障害などの治療で使われている方法であり、緊急の時の治療としても有効だと言われています。

薬物療法よりも早い効果が期待できるため、薬物治療が難しい患者の治療として使われているのです。

サイマトロンという治療機器を用いて、脳に電極を貼り付けて電気を流し痙攣させるため、治療後には交感神経が優位になって副作用として頭痛や吐き気などの症状が出たり、記憶に影響が出たりする事があるそうです。

この電気けいれん療法は効果がある人とない人がいるため、気になる方は精神科の専門医に相談してみてはいかがでしょう。

うつ病の人が発するサインとは?

うつ病の人はどんな症状が出る事があるのか知っていますか?

うつ病になると、激しく落ち込んだり虚しいと感じたり、憂鬱さや抑うつ的な気分、悲しみなどを感じたり、午前中は憂鬱な気分でも午後には気分が落ち着くなど症状に波がある場合もありますよ。

食欲や体重が増える場合と減る場合があり、眠れなくなったり、寝ても夜中に目が覚めてしまったり、普段より早い時間帯に目が覚めるなどの睡眠障害の症状が出る事もあるでしょう。

また、うつ病になると以前は興味関心があった趣味などに対して、興味や喜びを感じにくくなるのです。

精神運動性にも影響が出て、じっとしていられずソワソワしたり焦燥感を感じたり、イライラする場合もあれば、動作が鈍くなったり言葉が出にくくなったりする事もあるのです。

強迫性障害ってどんな症状?

強迫性障害には色々な症状があると言われていますよ。

潔癖な思考を持っていて汚れや菌を強く恐れていたり、洗浄についても何度も気にしてしまうなら強迫性障害の可能性が考えられるでしょう。

対称性や特定の数にこだわったり、とにかく強いこだわりを持っていたり、自分自身が決めた規則や儀式に縛られるような場合も該当するのだそうです。

強い不安を持っていて、文章など間違いかないか何度も確認したり、鍵のかけ忘れや火の元を何度も確認したり、とにかく何かを何度も確認するような行為も強迫性障害と言えるでしょう。

強い恐怖を持っていて、衝動的な行為を恐れていたり、他人に危害を加えていないか恐る人もいるそうです。

心の中で何かを唱えるなどの精神的な強迫行為に縛られていたり、物を捨てられなくて溜め込んでいる人も強迫性障害の可能性が考えられますよ。

精神疾患になっている人が出しているサインとは?

精神疾患になった人は、どんなサインを発しているのでしょうか?

憂鬱や悲しみなどの感情が2週間以上続いていると鬱病のサインだと言われていますので、いつもより深い悲しみなどの感情が続いていると感じた人は医療機関へ相談してみましょう。

理由の分からない気分の変動が激しくて、怒りや悲しみなどの感情を1日中も感じている場合には双極性障害になっている可能性が考えられるそうです。

周囲との関わりを絶って人との関わりを避ける事は、精神疾患のサインだという事ですよ。

自分自身でコントロールできない不安や心配の気持ちがある場合にも不安障害のサインだと言われていますので、医療機関に相談してみると良いでしょう。

妄想や幻覚があるという場合にも、精神疾患のサインだという事なのです。

ADHDってどんな特徴があるのか?

発達障害の一つであるADHDになった人はどんな特徴があるのでしょうか?

ADHDとは注意欠陥多動性障害の事であり、落ち着きがなかったり、我慢が苦手で思いついたら衝動的に行動したり、集中力が続かなくて忘れっぽいなどの特徴が表れて、この状態が日常生活に支障をきたす事があると言われていますよ。

原因は完全には解明されていませんが、感情や思考をコントロールしている前頭前野の異常によって起こるものなのです。

ADHDの人の特徴として、新しい発想を発揮して創造性が高い傾向があり、歴史上の天才もADHDだったのではないかと言われているのです。

幼い頃から特徴が出ている事が多いですが、幼少期には問題にならなくて気づかなかった人が大人になって自分がADHDだと気づくケースも多いのだそうです。

境界性パーソナリティ障害ってどんな症状がある?

パーソナリティー障害は10種類あると言われていますが、その中でも境界性パーソナリティー障害とはどんな症状があるのでしょうか?

境界性パーソナリティーは10代から20代の若い女性が多く、鬱病など他の疾患を併発しやすいため、精神科で取り扱われている事が多いのだそうです。

恋人と付き合って気持ちが不安定になったり、相手に強く依存したり、束縛するという事ですが、幼少期の生活環境が原因だと言われていますよ。

自傷行為を伴うケースも多いため、病院へ受診する事を考えましょう。

しかし、パーソナリティー障害は薬による治療で改善できる訳ではないため、自分自身の事を省みたり、自傷以外のストレス発散方法を探してみましょう。

年齢を重ねるごとに落ち着いていくという事ですから、焦らず改善していくと良いでしょう。

双極性障害ってどんな疾患?

双極性障害とはどんな鬱の疾患なのでしょうか?

双極性障害とは気分の浮き沈みが激しく繰り返す症状であり、躁状態は高揚感があり、誇大妄想や万能感を感じたりしますが、鬱状態は憂鬱な気分が続いてしまう状態であり、これを両極端に行ったり来たりするのです。

治療すれば治す事ができる症状であり、心や性格の問題というわけではなく脳の症状ですが、一型と二型の2種類に分けられて、社会生活にも支障をきたす場合には治療が必要だと言えるでしょう。

躁状態だと睡眠時間が減少して、思考も早くなり喋りも増えると言われていますが、集中できていない状態であり、鬱状態だと眠れなかったり寝すぎたり、頭が動いてくれなくて楽しさや興味を感じない状態だという事です。

心の病気、その仕組みとは?

心の病になったら、その原因は何で回復方法はあるのでしょうか?

心の病の根本的な原因と言える心の疲労は、心が弱ってしまっている時に病を患うという仕組みになっていて、心の疲労は誰でも何らかの原因で感じるものですが、全員が心の病になるわけではなく、大抵の場合は時間が経つと回復するのです。

心の疲労は、筋肉と頭と感情と魂の疲労という4種類に分類されて、長時間労働などの過度な肉体的疲労や、頭の疲労は何も考えられなくなっている状態や、感情的な起伏による疲労や、魂の疲労は生きる気力が感じられないという状態なのです。

心の病に悩まされているとしても、元の健康的な状態に戻る事ができると言われていて、大切な事は自分自身の状況を理解したり、心の病になったプロセスを逆戻りする事なのだそうです。