心の病の治療、何を選ぶ?

心の病の治療を受ける際には、クリニックや心理療法など幾つか選択肢がありますが、結局どれが良いのでしょうか?

心理療法は認知行動療法や精神分析、来談者中心法やマインドフル、SSTなどたくさんの種類があるので、自分に合う方法を選ぶ事ができますし、薬を使わないので身体依存がなくて、直接的な問題解決にも繋げられると言われていますよ。

デメリットとして、これらの療法では時間がかかってしまうため、カウンセラーと何度も対面するため高額になってしまう場合もあるのです。

クリニックでは精神科や心療内科を受診する事になりますが、基本には薬物療法になり、脳内物質で不足している分を補うので、精神的に追い詰められている時など緊急性が高い状態の時に良いのだそうです。

デメリットは、薬物依存や副作用になる可能性が考えられたり、直接的な問題解決はできないという事です。

あまり知られていない精神疾患とは?

未だに治療方法や原因が分かっていない精神疾患が存在していますが、一体どんな疾患があるのでしょうか?

ミュンヒハウゼン症候群とは極端な詐病という事であり、身体は特に問題がないのに病気である事を認められたいという考えで、体調不良を装って病院を複数受診したり、自傷してまで病人になろうとするのですが、同情されたいという考えなのです。

統合失調症は人種や国は関係なく発症する精神疾患であり、ネガティブな妄想や幻聴などの症状が多くて、よく見られる疾患だと言われていますが、原因は未だハッキリしていないのです。

カプグラ症候群とは周囲の人が全く別人に入れ替わってしまったという妄想の症状であり、この症状が出ると周囲の人を避けたり恐るため、周囲の人は戸惑う事になるのだそうです。

うつ病治療で失敗しないために

うつ病を発症したら治療をする事になりますが、治療で失敗しないためにどんな事に気をつければ良いのでしょうか?

治療中のお金が心配だから、治療しながら就活しようと考える方もいるかもしれませんが、精神的な状態が良くないと頭が回らなかったり、履歴書や面接の準備もできなかったり、人前で喋る事も難しいですし、成功しにくいのです。

ネットでは精神科の薬について様々な情報が書かれていますが、それを信じて自己判断で無理に断薬をしてしまうと、逆に症状が悪くなる事が考えられるので、医師の指示に従って正しい方法で断薬する事が大切ですよ。

うつ病を発症したら、まず大切なのはゆっくりと休む事ですが、普段運動をしない人が筋トレなど運動をすると、精神的に悪い影響が出る事もあるのだそうです。

ASDってどんな病気?

発達障害にも色々な種類がありますが、今回はアスペルガー症候群の特徴についてご紹介いたします。

アスペルガー症候群の人の特徴として、正義感が強いため嘘をつくのが苦手という特徴があり、普通なら空気を読んで嘘をつくという場面があるかもしれませんが、ASDの人はどんな状況でも空気を読む事なく本当の事を話すのだそうです。

普通の人は相手との会話や話の内容から、必要な情報を判断するかもしれませんが、ASDの人は1から10まで話さないと気が済まないため自分が話したい事を優先して回りくどい話し方になってしまうのだそうです。

容姿の特徴として美男美女が多いと言われていて、ある医学者が目鼻立ちが整っているという論文を発表したので、信憑性はあるかもしれませんね。

うつ病のサイン、どんなものがある?

現代社会の病であるうつ病にかかったら、どんなサインがあるのでしょうか?

常に疲れていたり気分が落ち込んでいるという人は、数日も記憶の低下が続いたり、朝起きても疲れているならうつ病である事が考えられるのだそうです。

自尊心が失われてしまっていて悩んでいる事があるなら、自治体の心の電話で相談してみると良いでしょう。

記憶力と集中力が低下しているならうつ病である事が考えられますので、仕事を行う事すら困難であると考えられますが、このサインは必ずしもうつ病だとは限らないのだそうです。

睡眠のパターンが変化した事によって、不眠症や過眠症の症状が出る事があると言われていますし、気力がなくてエネルギー切れの状態になりベッドから出られないならうつ病である事が考えられるそうです。

心の病、適応障害とは?

適応障害という心の病気が、一体どんな病気なのか知っていますか?

現代人はストレス社会の中で生きていますが、仕事でのストレスを溜め込み過ぎると、適応障害という精神疾患を発症する事があるのです。

これは特定の出来事や状況に過度なストレスを感じると発症すると言われていて、不安などが増大する事によってネガティヴに考えたり、思考停止して何も考えられなくなったり鬱状態になるのだそうです。

適応障害になると、衝動的な行動を引き起こす事が増えると言われていて、例えば衝動買いや暴飲暴食をしてしまうのだそうです。

他にも、情緒不安定になったりするとも言われているため、症状を改善したいのであれば環境を変える必要がありますが、気になるのであれば医師に相談してみると良いでしょう。

うつ病の症状、そのサインを見極めよう!

ストレス社会で生きていると鬱病を発症する人もいるかもしれませんが、鬱病になりやすい人は他人に自分の辛さを伝える事を避けがちで、助けを求める事もあまりないので、その兆候にも気づきにくく見逃されやすいのだそうです。

鬱病には初期症状があり、心の不調はやる気と気分の落ち込みを交互に繰り返し、他にも集中力が続かなかったり、イライラとしたり、理由もないのに不安や憂鬱な気分になるのです。

自己嫌悪や自意識過剰が関係しているため、噂話や他人の評価が気になったり、思考能力が低下して考えを纏める事が難しくなるのだそうです。

体に表れる異変では、寝つきが悪くなるので睡眠不足になり、食事はストレスによって偏食になる事が考えられますし、不規則な生活は疲れやすい体になる事が考えられますよ。

糖尿病の新常識って知ってる?

日本では糖尿病はもはや国民病の一つとされていて、成人以上の5人に一人が糖尿病の患者か予備軍だと言われていますが、年々その数も増加しているのだそうです。

糖尿病の原因や治療方法については現在でも研究や議論が続けられていて、ある医療機関では糖尿病を今までとは違った考え方で治療を行っているとの事です。

そもそも糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度の血糖値が高い状態になっているという疾患であり、本来であれば膵臓で分泌されるインスリンにより量をコントロールする事ができますが、インスリンの効果が発揮されないと糖尿病になってしまうのです。

血糖値が高いまま放置していると糖が血管を傷つけてボロボロにしてしまったり、人工透析や失明などの合併症に繋がる事が考えられるので、初期段階や予備軍の段階から対策する必要があるのです。

うつ病になる原因って何?

うつ病になる原因は、心へのストレスや心理的な問題が考えられるかもしれませんが、それ以外にも原因はあり、心理的ショックを受けていないのに、やる気が出なかったり鬱になるという方もいるのだそうです。

鬱になった人の共通点として首に問題のある方が多く、首の筋肉が緊張して首が痛くなったり肩こりを発症したり、脳への血流のも悪い影響を及ぼしてうつ病になる人もいるそうです。

これは首の緊張を取り除いたり、鬱の症状も改善する事ができると言われていますよ。

また、食事内容に問題のある方も自律神経に悪い影響を及ぼしてうつ病になる事が考えられますし、食生活を改善する事が大切なのです。

心療内科のうつ病治療は投薬による治療ですが、うつ病はまず原因を取り除く必要があるのです。

糖尿病ってどんな病気なの?原因と治療法

糖尿病ってどんな事が原因で発症したり、どんな症状が出るのか知っていますか?

日々の食事で炭水化物を食べると、腸でブドウ糖として吸収されたり血液に溶かされますが、その時にインスリンというホルモンが分泌されてブドウ糖が体のエネルギーになるのです。

インスリンがうまく働かないと血液中にブドウ糖が増加してしまいますが、血液中のブドウ糖の量が多い状態を糖尿病というのだそうです。

糖尿病にも幾つかの種類がありますが、口の渇きや多尿や疲れなどの症状が表れると言われていて、様々な合併症を発症する可能性があるのです。

糖尿病になると多くの場合、失明や手足の壊死が考えられますので、予防や早期治療、生活習慣の改善が必要なのです。