脇を切らないワキガ・多汗症治療 ビューホット

多汗症やワキガで悩まされている方は多くいらっしゃると思いますが、それらの治療には脇を切る必要があり、中々治療に踏み出すのにも勇気が必要でした。
しかし多汗症・ワキガのお悩みをおよそ98%解消できる最新治療法「ビューホット」は、脇を切らずに治療が出来ると注目を浴びています。

ビューホットを照射することで高周波の極細針が脇の下全体に熱を浸透し、ワキガの臭いの原因である「アポクリン汗線」、汗の元になる「エクリン汗線」の双方をそれぞれ破壊します。
針と聞くと痛みのあるイメージですが、脇を冷やしながら照射が可能であったり、クリニックによっては局部麻酔にも対応してくれるなど、痛みを感じないための対応がされますので安心してください。

傷口も全くと言っていいほど目立ちませんし、翌日からシャワーを浴びることが出来るのでライフスタイルに影響が出る心配もありません。

聖ローザクリニック

産婦人科・小児科を専門にしている医院で、白を基調とした明るい空間は清潔感もあり過ごしやすいと評判です。
内装にも力を入れており、シャンデリアの柔らかい光が溢れる待ち合い室は病院に来ていることも忘れてしまいます。

5室の完全個室の診察室を設けており、プライバシーにもしっかり配慮した造りになっているので周りに聞かれたくないことでも安心して話してもらえるでしょう。
また患者様への負担が最小限に抑えられる内診台を導入しているため、快適な診察をしてもらえるのが魅力です。

産婦人科と小児科が同じ医院内にあるため、出産後も継続して診療できるから、お子様のかかりつけ医としても安心・便利でしょう。

メディカルケア虎ノ門

メディカルケア虎ノ門は、東京メトロ銀座線 虎ノ門駅の4番出口より徒歩2分にあり、ちょっと離れたところに住んでいるいる人も駅から近く通いやすい病院になっています。
ここはリワーク外来というのをしており、うつ病で悩んでいる人を社会復帰させることを取り組んでいて患者は会社のように部署ごとに別れて、それぞれに振り分けられた業務に携わり擬似的な体験をしながら、仕事への復帰を目指すというリハビリを行っている病院なのです。

うつ病とはストレスなどが原因でゆううつな気分・不眠・活力の低下が続いてしまう病気で1年間で約3万人の自殺者のうち、うつ病による自殺者は約6,500人にのぼりもっとも多いんです。
死にもつながってしまう病気をいかに治すかを医者たちは模索しています。

愛知医科大学病院

手術フロアーは年間、1万件以上の手術に対応できるように19室に手術室を完備してある大きい病院になっています。
そのうち一室は、血管造影と手術ができるハイブリット手術室があり、カテーテルを血管に挿入し治療を行うインターベンション主義と外科的主義の両方を1室で行うことが可能なのです。

ガン医療における放射線治療は、外科治療と薬物治療とともにガン治療にかかせない治療になっていますが、脳や脊髄に病相がある場合や、十分な線量を照射できない治療に対して正確で高質力な照射が可能となりました。
これによって治療にかかる時間が短縮され、より正確な治療を行える最新機器が導入されています。

ドクターカー

間渕医師は2013年に、病院が少ない中津川市で日本で初めてのドクターカーに特化した、診療科である病院前救急診療科を設置しました。

そんな間渕さんが、ドクターカーに出会ったのがドイツで大変衝撃的な印象を受けたそう。
導入された2008年には、85の現場緊急治療を行っており2009年には1日1件のペースで出勤しており、欧州型ドクターカーの知名度も年々あがってきているそうですよ。

日本ではドクターヘリは有名ですが、ドクターカーがドクターヘリの方が優れている点については時間や天候に左右されることがないので、速やかに患者さんのところに駆けつけられるということです。
確かに、台風が来てしまっているときなんかはヘリコプターでは難しいので、素晴らしい方法ですね。

https://youtu.be/MabCJJo1vhM?t=484

越谷市立病院

越谷市立病院は内科・神経内科・呼吸器科など18の診療科や、一般病床481症を抱える病院でJR武蔵野線・東武スカイツリーラインが通っているので都心からもアクセスしやすくなっています。
埼玉県がん診療指定病院とされているほか、脳卒中ケアユニットを埼玉東部地区で初めて立ち上げたりと地域医療の充実に力を入れています。

また市立病院4階の改修工事を行い、産科病棟と婦人科・女性専用病棟が新しくオープンしました。
従来の産婦人科病棟をリニューアルし、隣の病棟が婦人科・女性専用病棟となり産科病棟が完成されました。
機能面では、分娩室を増設して4室にし出産の受け入れを充実するとともに、高度な出産に対応するための母子胎児集中治療室も新たに3室設けたりと充実を図っています。
相談窓口と各部門が連携して支援し、各部門に患者サポート担当者を配置しているので気軽に相談してみては。




花粉症の最新治療で、辛いアレルギーとおさらば!

毎年花粉が飛ぶ時期になると、症状がひどくなり辛いという方も、花粉症が改善できる治療で楽になりましょう。

花粉症の治療には、薬物療法や手術療法、アレルギー免疫療法があり、アレルギー免疫療法は、体内にアレルゲン物質を少量づつ入れることにより、アレルギー反応を衰えさせるという方法です。

舌下免疫療法という最新の治療方法では、12歳以上が保険適用になり、濃度を薄めた花粉を舌の下にあるリンパ節を使って体質を変えることにより、花粉症の8割もの人が症状改善できています。

毎日1回繰り返して行い、濃度を少しずつ濃くすることにより、2〜3年程度で効果が発揮されますから、花粉が飛んでいない今のうちから、画期的な治療方法で対策して症状を改善しましょう。

医療事故調査制度とは

「医療事故調査制度」が昨年10月に実施されてから1年が経ち、累計で388件が医療事故として報告されました。
この医療事故調査制度とは、医療行為による予期せぬ事故が起きたとき、医療機関が第三者機関に届け出て調査を義務付ける制度です。

実施から半年の時点で当初の想定よりも少ない報告数であったことが話題になっていましたが、実施1年を迎え、徐々に報告が増えていることが伺われます。
しかし、当初から問題としてあげられていた「届け出義務のある予期せぬ死亡」の定義が明確にされていない点は未だ改善が見られず、各医療機関の調査の考え方や手法が充分に理解されていないことに、遺族からは不満の声も挙がっています。

1錠約5万円の薬が「安い」理由

2015年9月に発売された「ハーボニー配合錠」は当初から注目を浴びている薬です。
注目を浴びた大きな要因の一つがその価格で、発売当初は1錠で約8万円もし、効果をしっかり得るためには3ヶ月の見続ける必要があるので最終的に700万円近い薬代が必要となります。
現在は価格の改定により価格は5万円台に落ち着いており、更に国の医療費助成の条件に当てはまれば実際の負担は1錠1〜2万円程度に落ち着きますが、それでも値段だけを聞くと高いと感じることでしょう。
しかしこの薬の驚くべき効果を耳にすると、「安い」との声もあがっています。

この薬はC型肝炎ウイルスに感染する事で発症する「C型肝炎」に使われる薬です。
C型肝炎は肝硬変や癌の発症率も高めてしまう病気で、年間肝臓がんで亡くなっている人の80%がC型肝炎ウイルスが原因とも言われています。
C型肝炎ウイルスは一度体内に住み着いてしまうと追い出す事が非常に困難で、今まで治療が難航していました。

しかしこの「ハーボニー配合錠」はC型肝炎ウイルスの増殖を食い止められる薬として開発され、効果がある人無い人の差が激しかった今までの薬とは違い、治験では全ての患者に明確な効果が確認された唯一の薬となります。

ハーボニー配合錠によって今まで悩まされていた症状が無くなったり軽くなる、そしてこれから健康に暮らしていける事を考えると、この価格も確かに納得の価格ですね。

なぜ日本はガン死亡率が高いのか

日本は医療のレベルについてトップクラスに発達していますが、癌の死亡率は先進国の中でも最も高くなっていて、現在でも死亡数も増加しているのだそうです。

日本人の平均寿命は女性が世界一ではありますが、この30年で癌の死亡率は2倍に増えており、1年間のアメリカの癌で死亡した人数は約57万人ですが、日本は約36万人で、人口に換算すると日本人の癌死亡率はアメリカの1,6倍になっています。

先進国の日本で癌死亡率が増え続けていて、2人に1人が癌を発症し、3人に1人が癌で死亡するという現状にあり、日本人の死因第1位になっています。

日本で癌による死亡が増えている主な要因として、高齢化が挙げられ、癌は遺伝子の異常などにより発症しますが、長生きすればするほど遺伝子の異常も増えますので、癌になる確率も高くなるのです。