鬱にならない人となる人の違い

人は誰しも嫌な気分や憂鬱な気分になるものなのです。ですが、鬱状態になる人とならない人はいますよね。さて、なる人とならない人との違いはなんでしょうか。

その違いが出るのは、過去に受けてきた無自覚のトラウマの量だそうです。鬱にならない人は自分に起きた出来事の処理をするのが上手な人で、鬱になる人は自分に起きた出来事の処理をするのが苦手な人なのです。

鬱になる人はうまく処理ができていないトラウマの量が増えてしまうからで、増えれば増えるほど症状が重くなったり再発してしまうということになるのです。カウンセリングや病院だけに頼らないで、こういう考えを持ったほうがいいのです。

化学物質過敏症

おそらく、殆どの人が、初めて聞くであろう化学物質過敏症は、香りや建材、排気ガス等の化学物質で過敏に反応してしまい、体調不良等を起こしたりするというとても怖い病気です。人によって化学物質の許容量も違い、許容量を超えてしまうと発生してしまうという、誰でも発症しかねない病気なのです。

健康被害も、同じ症状が出るわけではなく、人によって出る症状も違い個人差がありすぎるので、この病気は精神的なことが原因だと誤解されてしまうこともあるのです。一般的なアレルギーよりもひどい症状になるのです。

アレルギーにかかるのは、一度に多くの化学物質に触れたり、少量でも長期に渡り化学物質で触れ続けたりすることが原因だそうです。アレルギーを持っていたり、アルコールに弱い方、ストレス対応が苦手な方は病気になりやすい人です。対策して、化学物質にあまり触れずに生きられれば、化学物質過敏症の患者も減りそうですね。

双極性障害とうつ病

うつ病の裏に隠れた病気として、双極性障害があげられるのはご存知な人も多いですよね。
双極性障害はうつ病と間違え診断されることがとても多い病気で、うつ病が診断されてから10年かかっても見つからず誤診されたままになっている人が多かったりするのです。

双極性障害とうつ病では、薬も違い、うつ病では抗うつ薬、双極性障害では気分安定薬になるのです。
うつ病は躁状態にならず、鬱の状態をキープしているのですが、双極性障害では躁状態と鬱状態とがあり、躁状態よりも鬱状態の方が多いので、うつ病と診断されてしまい、抗うつ薬を飲むということになるのです。双極性障害は、抗うつ薬を飲んでしまうと躁状態と鬱状態の振り幅が激しくなってしまうので注意が必要なのです。

双極性障害は発症するサインがありますので、周りの人がその人のことをよくみて病院に連れて行くといいでしょう。

新型うつ病

最近では、うつ病ではなく、新型うつ病が増えています。
新型うつ(現代型抑うつ症候群)は、従来型のうつとは違い、自分の好きな仕事や趣味のときだけ元気になる、自責感に乏しく、責任を他社に転嫁する傾向があるという特徴があるのです。

新型うつの分類はディスチミア症候群、非定型うつ病、発達障害型という分類があります。
新型うつの要因は、緊密な親子関係(いい子症候群)、対人関係経験の少ない等となっています。

新型うつの人にはずるい、サボりという言葉は禁句なのです。そのような言葉が新型うつ病の人を傷つけてしまうのです。
カウンセリングが有効なことが多いので、薬療法はあまりしないほうがいいのかもしれませんね。

心の病気を治すには精神療法はダメ?

現代のストレス社会で生きていることにより、現在心の病気で悩まされているという方も多いかもしれませんが、心の病気とはすなわち脳の病気でもありますので、精神療法や心理療法で治そうと思っても根本的には解決しないのです。

アルツハイマーや機能障害などの症状を治すのと同じような問題と言えますので、精神に働きかけても完全に治すことができませんので、心理療法やセラピー、行動療法によるアプローチにお金をかける必要性はないのです。

日本には心理療法などに関する国家的な資格がありませんので、専門的な治療も意味がありませんし、脳の問題を解決することが大切なのです。

心の病気は、性格に問題があるからというのは関係ありませんので、心の傷をどうこうするのではなく、脳についての専門的な診療科を受診しましょう。

心の病気について知ろう

心の病気として知られている「うつ病」は、ストレス社会で生きる現代の日本人なら誰にでも起こりうる病気ですから、身近な人が症状で悩まないよう病気について理解しておきましょう。

最近、憂鬱な気分が長期間続いているという方や、何をやってもやる気が出ないという方、集中力が続かなくて作業が捗らないという方はうつ病を疑いましょう。

うつ病の主な症状として、憂鬱な気分や無気力感が続いたり、不眠症状に悩まされることで日常の生活に支障をきたしてしまうのです。

脳内の神経伝達物質に乱れが発生していますので、修正することで症状を改善することができますよ。

放っておいても治る病気ではありませんから、きちんと専門の病院を受診して、医師の治療を受けることが大切なのです。

日本人が開発した新しいガン治療の方法とは

日本人が新しく開発したガンの治療方法が、話題になっていますので紹介いたします。

その方法とは、近赤外線により体に無害な光を当てて、ガン細胞を攻撃するための免疫システムを活性化させるという方法であり、日本人の小林研究員らが開発に成功し、マウスによる実験では、転移したガンにも効果が得られたのだそうです。

免疫システムが、誤って健康的な細胞を攻撃しないようガードする役割を持つT細胞がありますが、この研究ではT細胞を破壊して、抗体と結合する薬を作成したのです。

大腸ガンや肺がん、甲状腺癌を発症させたマウスに、この薬を注射して近赤外線を当てることにより、たった1日で全てのガン細胞を消すことができたのです。

まだ臨床試験の段階に至っていませんが、今後の研究結果に期待したいですね。

http://youtu.be/TRpV-fs1MPg

医療保険とがん保険

医療保険とがん保険は共通で、加入は任意です。
たくさんの保険があり、違いがわからない方、加入を検討されている方は、動画を見たり、ネットで調べたりすることをお勧めします。

医療保険とがん保険は、医療保険の中にがん保険がある感じです。
医療保険は入院保険ともいい、入院して治療するだけで保険料は出ます。
がん保険は、がん以外の病気には保険適用されないというデメリットがあります。
ですが、この2つの保険に入ると、がん治療のために入院したりすると、どちらも適用されるので、とてもお得なように感じます。
どちらも医療費がかかってしまうので、保険に入ることをお勧めします。

子どもに必要な医療ケア、支援強化へ

高齢出産などの原因により、幼い子どもで難病を患っているというケースは年々増加しているとのことですが、医療技術の進歩により、より多くの命を救うことができるようになりましたので、子どもの入院件数も増加しているのです。

しかし、まだまだ治療後の支援や制度で不足していることがあるため、家族が子どもの医療ケアを行っているのが現状であり、家族の負担が増加しているのです。

厚生労働省では、障害者を支援する法律や子どもの医療的ケアについて支援を利用しやすくなるための会議を行い、取り組みを見直しているとのことです。

これから生まれてくる子どもたちのためにも、現在難病に悩まされている子どもとその家族が暮らしやすくなるためにも、支援を利用できる取り組みを迅速に考えてほしいですね。

巻き爪ロボ

自分で爪の形を変えることができる新しい巻き爪矯正器です。いままでの矯正具にはできなかった思い通りに形を変えることができる、自分で治すことができる巻き爪矯正です。
また、瞬時に効果を実感することができ、巻き爪に苦しむすべての人が長年待ち望んでいた今までにない体験をすることができる商品です。

お湯の力で自然に軟化し、ドライヤーの熱で固めるだけで使用することができます。爪が持つ本来の性質を活かして爪の形を変えますので、痛みもなく、爪も傷つかず、自然な力で爪を治すことができます。
個人差の激しいどんな巻き爪もしっかりと矯正することができます。