糖尿病の新常識って知ってる?

日本では糖尿病はもはや国民病の一つとされていて、成人以上の5人に一人が糖尿病の患者か予備軍だと言われていますが、年々その数も増加しているのだそうです。

糖尿病の原因や治療方法については現在でも研究や議論が続けられていて、ある医療機関では糖尿病を今までとは違った考え方で治療を行っているとの事です。

そもそも糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度の血糖値が高い状態になっているという疾患であり、本来であれば膵臓で分泌されるインスリンにより量をコントロールする事ができますが、インスリンの効果が発揮されないと糖尿病になってしまうのです。

血糖値が高いまま放置していると糖が血管を傷つけてボロボロにしてしまったり、人工透析や失明などの合併症に繋がる事が考えられるので、初期段階や予備軍の段階から対策する必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です