うつ病に関する最新医療

うつ病は発症して回復したとしても復職の2年後には約75%の患者さんが休職する病気といわれています。とても元気であった人がある日突然発症してしまうケースというのは非常におおくいらっしゃいます。

うつ病とは職場や人間関係などのストレスなどが原因で憂鬱な気分や不眠意欲や活力の低下が続くといわれています。
一般的名治療法は抗うつ薬で治療をおこなっていいますが、動画で紹介されている患者さんは抗うつ薬がきかなかったとのことです。

そこで救いを求めたのが動画で紹介されている病院でのTMS、経頭蓋磁気刺激という最新の機器で前頭葉を刺激することによって血流をよくし、回復をはかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です