体内の免疫のしくみの解説

体内の免疫の仕組みを解説されています。
免疫は身体を外敵から守る仕組みで空気中にばい菌が存在しているのに健康で居られるのは免疫が身体を外的から守っているためです。

外から来る敵を抗原といい、免疫の流れとしてはリンパ球が抗原と判断したものを攻撃します。抗原を食作用で殺すのが細胞性免疫で抗体で抗原を包むのが体液性免疫といいます。
HIVによって起きるエイズが危険というのはこの免疫の働きをだめにしてしまうことが理由です。

免疫が抗原を攻撃することによって拒絶反応をおこしてしまったり花粉症になってしまうといったことや抗原に気づかなかった際に起こるCO中毒等が体内の反応として起こります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です