後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度という医療制度があることはご存知ですか?
知らない方も多いかと思いますので、後期高齢者医療制度について紹介致します。

後期高齢者医療制度とは、75歳以上の方が加入する医療制度のことです。
75歳未満の方は、国民健康保険・被用者保険のいずれかに加入していますが、75歳からは後期高齢者医療制度に加入が切り替わる仕様になっているのです。ただし、65歳~74歳の方でも寝たきり等の障害があると認定された方は制度の対象となります。

保険料は、広域連合ごとに決められ、加入者1人1人がこれを納めます。保険料の納入方法について年額18万以上の年金を受給している方は年金から天引きされ、年額18万未満の方は口座振替、もしくは納付書等で市区町村に納めるのです。

医療機関を受診した際の窓口負担は原則1割ですが、現役並の所得がある場合は窓口負担が3割になるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です