がんの原因は?

最近では、がんは治る病気だと言われたりしますよね。そんながんですが、遺伝以外にも原因があるらしいですよ。がんとは、発がん物質が正常細胞をがん細胞に変化させ、増殖することで身体に有害な症状を及ぼす病気です。

がんは生活習慣病であることが前提ですと、遺伝子的要素でがんになる確率は5%以下であり、生活習慣が主な原因となるのです。がんの主な原因は発がん物質か発がん物質を活性化させる体内の状態だったりするのです。

発がん物質となるものは、煙草、産業廃棄物・排気ガス、食物(加工食品)だったりするのです。発がん物質の代謝を活性化させる酵素は動物性蛋白質で肉製品・乳製品ががん細胞を活性化させる酵素を多く含んでいたりするそうです。

がんを予防するには、植物性蛋白質(大豆)を多く摂取することでがん細胞の活性化を抑える効果があるそうですよ。動物性食品を減らすという考えよりも植物性食品を増やすという考えが大切だそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です