うつ病に薬は危険?

うつ病になってしまう方は増加傾向にありますが、その殆どが薬による治療だそうです。しかし、薬治療は要らないそうで、薬があることで症状が悪化するという結果が出ているのです。

向精神薬のSSRIを服用しても、最初のうちから症状が改善されないそうなのです。薬の量を増やされても症状が改善されず、むしろ副作用が出てしまったそうですよ。
そして、薬をやめる際は一気に止めないようにするべきなのです。

大阪の心療内科・うつ病に。

向精神薬は人によっては多剤大量処方になりかねないのです。
多剤大量処方は治療するにあたって、依存してしまう人も多いので、医者選びにも気をつける必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です