鬱にならない人となる人の違い

人は誰しも嫌な気分や憂鬱な気分になるものなのです。ですが、鬱状態になる人とならない人はいますよね。さて、なる人とならない人との違いはなんでしょうか。

その違いが出るのは、過去に受けてきた無自覚のトラウマの量だそうです。鬱にならない人は自分に起きた出来事の処理をするのが上手な人で、鬱になる人は自分に起きた出来事の処理をするのが苦手な人なのです。

鬱になる人はうまく処理ができていないトラウマの量が増えてしまうからで、増えれば増えるほど症状が重くなったり再発してしまうということになるのです。カウンセリングや病院だけに頼らないで、こういう考えを持ったほうがいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です