化学物質過敏症

おそらく、殆どの人が、初めて聞くであろう化学物質過敏症は、香りや建材、排気ガス等の化学物質で過敏に反応してしまい、体調不良等を起こしたりするというとても怖い病気です。人によって化学物質の許容量も違い、許容量を超えてしまうと発生してしまうという、誰でも発症しかねない病気なのです。

健康被害も、同じ症状が出るわけではなく、人によって出る症状も違い個人差がありすぎるので、この病気は精神的なことが原因だと誤解されてしまうこともあるのです。一般的なアレルギーよりもひどい症状になるのです。

アレルギーにかかるのは、一度に多くの化学物質に触れたり、少量でも長期に渡り化学物質で触れ続けたりすることが原因だそうです。アレルギーを持っていたり、アルコールに弱い方、ストレス対応が苦手な方は病気になりやすい人です。対策して、化学物質にあまり触れずに生きられれば、化学物質過敏症の患者も減りそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です