心の病気を治すには精神療法はダメ?

現代のストレス社会で生きていることにより、現在心の病気で悩まされているという方も多いかもしれませんが、心の病気とはすなわち脳の病気でもありますので、精神療法や心理療法で治そうと思っても根本的には解決しないのです。

アルツハイマーや機能障害などの症状を治すのと同じような問題と言えますので、精神に働きかけても完全に治すことができませんので、心理療法やセラピー、行動療法によるアプローチにお金をかける必要性はないのです。

日本には心理療法などに関する国家的な資格がありませんので、専門的な治療も意味がありませんし、脳の問題を解決することが大切なのです。

心の病気は、性格に問題があるからというのは関係ありませんので、心の傷をどうこうするのではなく、脳についての専門的な診療科を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です