子どもに必要な医療ケア、支援強化へ

高齢出産などの原因により、幼い子どもで難病を患っているというケースは年々増加しているとのことですが、医療技術の進歩により、より多くの命を救うことができるようになりましたので、子どもの入院件数も増加しているのです。

しかし、まだまだ治療後の支援や制度で不足していることがあるため、家族が子どもの医療ケアを行っているのが現状であり、家族の負担が増加しているのです。

厚生労働省では、障害者を支援する法律や子どもの医療的ケアについて支援を利用しやすくなるための会議を行い、取り組みを見直しているとのことです。

これから生まれてくる子どもたちのためにも、現在難病に悩まされている子どもとその家族が暮らしやすくなるためにも、支援を利用できる取り組みを迅速に考えてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です