おたふく風邪とは?

お子様がかかる病気として身近で怖いのが、おたふく風邪です。
流行性耳下腺炎と呼ばれるこの病気は、高熱を始めとした風邪の諸症状に似た症状がありますが、おたふく風邪で一番怖いのが合併症と言われています。
おたふく風邪は合併症が非常に多く、合併症が重症化してしまう可能性もありますので、普通の風邪としっかり見極め、早めのうちに医師の診断を受ける必要があるのです。

おたふく風邪はムンプスウイルスが原因で発症し、飛沫感染の可能性がある病気です。
潜伏期間は2〜3週間の間で、感染しても発症しないケースもあります。
一度発症した、もしくは感染したけど発症はしなかったというどちらのケースでも、一度感染すると抗体が出来て二度と感染することはありません。
主な症状は腫れ、痛み、発熱で、耳の下から顎のラインに沿って腫れがある場合はおたふく風邪を疑いましょう。
腫れは両側、もしくは片方だけ腫れることもあり、1週間から10日程度続きます。

おたふく風邪は有効な治療薬がないので、基本的に対症療法となりますから、安静にしていることが最も大切です。
最初の方に記した通り、合併症の発症も怖いため、常にお子様の様子を観察してあげることも大切でしょう。
また腫れが1週間以上続く、熱が5日以上続く、腫れが赤くなっている、男の子の場合には睾丸を痛がるなどの症状があったら、すぐに医師に診てもらってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です