なぜ日本はガン死亡率が高いのか

日本は医療のレベルについてトップクラスに発達していますが、癌の死亡率は先進国の中でも最も高くなっていて、現在でも死亡数も増加しているのだそうです。

日本人の平均寿命は女性が世界一ではありますが、この30年で癌の死亡率は2倍に増えており、1年間のアメリカの癌で死亡した人数は約57万人ですが、日本は約36万人で、人口に換算すると日本人の癌死亡率はアメリカの1,6倍になっています。

先進国の日本で癌死亡率が増え続けていて、2人に1人が癌を発症し、3人に1人が癌で死亡するという現状にあり、日本人の死因第1位になっています。

日本で癌による死亡が増えている主な要因として、高齢化が挙げられ、癌は遺伝子の異常などにより発症しますが、長生きすればするほど遺伝子の異常も増えますので、癌になる確率も高くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です