鬱病の最新事情を知ろう

うつ病は誰にでも起こりうる病気であり、患者数も増加の一途を辿っていて、うつ病にならないためにも、うつ病の医学的な事情について知っておきましょう。

うつ病は、性格や体質、ストレスや過労などにより発症することがありますが、うつ病とは心の病気ではなく、脳の病気だということが分かっており、15人に1人が発症していると言われています。

うつ病に罹ってしまうと正常な判断ができなくなり、最悪の場合、自殺してしまう人もいるくらい深刻な病気であり、早期発見して治療を行うことが大切ですよ。

うつ病の人を見分けるには、雰囲気や言動、表情や様子がいつもと違っていたり、睡眠が摂れていなかったり、好きなことを思い切り楽しめないという症状が2週間以上続いているのであれば医療機関に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です