インフルエンザの予防

毎年猛威を振るっているインフルエンザは、まさに今、1月末〜3月中頃がピークだと言われています。

38℃以上の高熱や頭痛や関節痛、筋肉痛などの風邪の諸症状とあまり変わらない症状が典型的なインフルエンザの症状と言えます。
更に高齢の方だと細菌性肺炎だったり、お子様だと肺炎やインフルエンザ脳症を発症してしまう可能性があるので、インフルエンザの予防は非常に大切な要素の1つと言えるでしょう。

主なインフルエンザの感染経路は感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染、感染者の手や身体を直接触接触感染です。
飛沫感染を防ぐ為には咳やくしゃみをする人がマスクすること、接触感染は石鹸による手洗いや速乾性のアルコール剤による消毒が最も大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です