心の病、適応障害とは?

適応障害という心の病気が、一体どんな病気なのか知っていますか?

現代人はストレス社会の中で生きていますが、仕事でのストレスを溜め込み過ぎると、適応障害という精神疾患を発症する事があるのです。

これは特定の出来事や状況に過度なストレスを感じると発症すると言われていて、不安などが増大する事によってネガティヴに考えたり、思考停止して何も考えられなくなったり鬱状態になるのだそうです。

適応障害になると、衝動的な行動を引き起こす事が増えると言われていて、例えば衝動買いや暴飲暴食をしてしまうのだそうです。

他にも、情緒不安定になったりするとも言われているため、症状を改善したいのであれば環境を変える必要がありますが、気になるのであれば医師に相談してみると良いでしょう。