ガンマナイフ

ガンマナイフは脳内の一点に201個の細かいガンマ線ビームを集中低に照射させる放射線治療です。ガンマ線ビームはX線よりもさらに波長の短い電磁波ということです。

開頭手術をせずに病巣をナイフで切り取るかのように治療をすることができるところからこう呼ばれており、より周辺の組織をいためる危険性の少ない治療法であるといわれています。
照射時の靭帯の影響もすくなく書写をうけた病巣のみが徐々に凝固、懐死するということです。

今まで手術が困難であった脳の深部にある血管奇形や腫瘍への低侵襲的治療が可能になるなどのあらゆる可能性があるといわれています。