大腸3D−CT検査

いままでの大腸のがん検診は内視鏡の検査を想像するかと思いますが、内視鏡の検査では前日には食事の制限をして、痛い内視鏡を入れなければいけないといった理由から検査をしないという方もおおいかと思います。
 
しかし、最新の検査方法である大腸3D−CTをするkとによって靭帯を輪切り上に撮影することによって内視鏡を入れることなく大腸の様子を撮影することが可能なようです。
 
また内視鏡は大腸の中を通っていきますので、大腸の外をみることができないということがありましたが、大腸3D−CT検査では大腸の外側も撮影することができます。