冬に風邪を引きやすい訳

冬は風邪を引きやすいと言うイメージはありますが、寒いからという理由で風邪を引いてしまう訳ではないのです。

冬に風邪を引きやすい1番の原因は乾燥で、冬の気温は空気が乾燥しやすい気温となっており、乾燥によって体内へのウイルスの侵入が簡単になるというメカニズムなのです。

ウイルスは空気中に蔓延していますが、誰かが咳をすると10万個、くしゃみだと100~200万個のウイルスが撒き散らされるのです。
ウイルスは、湿度が高い状態だと重さで下に落ちてしまい、空気中に漂うことがほぼ無いので吸い込んでしまうリスクを軽減できます。しかし、乾燥しているとウイルスの水分自体が蒸発してしまい、ウイルスが軽くなってしまい空気中を漂ってしまうのです。

小児在宅医療の連携

最近では、通院が困難な重症児や長期入院を余儀なくされる小児が増えている一方で、小児専門病院の不足により、本来受けるべき医療を病院で満足に受けられない状態が続いているのが問題として挙げられているそうなのです。

近年では、小児在宅医療システムの構築により、小児在宅医療という新たな取り組みが行われ、自宅で家族と共に過ごしながら医療的ケアを受けられる環境が用意されたのです。
一方で、担当する看護師は殆ど病棟に勤務しているため、お子様の成長に伴う生活の変化への対応の難しさや長期的な視野を持ちにくくなってしまう等の問題も挙げられているそうです。

小児在宅医療が目指す所は、お子様が親・兄弟と家族として一緒の生活を送ることを第1とし、本人やその家族と治療やケアの方法を考え実現していくところなのかもしれませんね。