脳卒中になった時の治療方法

脳卒中は誰にでも起こりうる病気であり、年間12万人もの人が命を落とす病気でもあり、脳卒中には血管が脳に詰まる脳梗塞と、脳の血管が破裂する脳出血、くも膜下出血があります。

脳卒中のうち脳梗塞が70%を占めており、脳の血管が詰まることで徐々に運動機能が停止するため、血栓を取り除く必要があり、治療法として、一般的に点滴薬が使われますが、この薬は出血する病気を患っている方は使うことができないのです。

カテーテルを血管に通して血栓を取り除く治療法もあり、掃除機で吸い込むように血栓を取るという特徴がありますから、治療の時間もスピーディですし、身体への負担も少なくて済むそうなのです。
新しい治療として、細いワイヤーとカテーテルを血栓に通したら、さらに細いワイヤーで絡め取るという方法等もありますので、進歩を感じられますよ。

睡眠中の無呼吸の治療

いびきがひどい人や睡眠中の無呼吸が心配な家族がいる家庭も多いと思うのですが、日本では5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているそうですので、今回は睡眠の問題を解決する方法について紹介致します。

まず、睡眠の症状で病院に行く場合には、呼吸器科や内科などを受診する人も多いようですが、近年では枕外来という新しい分野がありますので、睡眠について新たな観点からアプローチすることができるみたいですよ。

とある病院の整形外科では、枕は睡眠中の姿勢や寝返りに関係するとされていて、人々が使っている枕が首や骨にどんな影響を及ぼしているのか調べることで、睡眠の問題を解決してくれるという治療を施してくれたりもします。
睡眠中に呼吸が止まると、日常の生活にも支障をきたすので、近年ではCPAPという治療方法がすすめられているのです。