がんの原因は?

最近では、がんは治る病気だと言われたりしますよね。そんながんですが、遺伝以外にも原因があるらしいですよ。がんとは、発がん物質が正常細胞をがん細胞に変化させ、増殖することで身体に有害な症状を及ぼす病気です。

がんは生活習慣病であることが前提ですと、遺伝子的要素でがんになる確率は5%以下であり、生活習慣が主な原因となるのです。がんの主な原因は発がん物質か発がん物質を活性化させる体内の状態だったりするのです。

発がん物質となるものは、煙草、産業廃棄物・排気ガス、食物(加工食品)だったりするのです。発がん物質の代謝を活性化させる酵素は動物性蛋白質で肉製品・乳製品ががん細胞を活性化させる酵素を多く含んでいたりするそうです。

がんを予防するには、植物性蛋白質(大豆)を多く摂取することでがん細胞の活性化を抑える効果があるそうですよ。動物性食品を減らすという考えよりも植物性食品を増やすという考えが大切だそうですよ。

機能性胃腸症とは

胃が痛くなったこと、胃もたれになったこと、お腹が減りすぎると胃が痛くなる人等はたくさんいますよね。その半数以上は機能性胃腸症だそうですよ。機能性胃腸症とは何でしょうか、今回はその症状について紹介いたします。

機能性胃腸症は、内視鏡検査で胃に異常がないのに、胃もたれや痛みを感じる症状のことを言い、3ヶ月以上続き、症状が排便の状態に関係ないことを言います。

原因は、ストレスや過労で胃の運動機能が低下してしまうことを指します。
症状は、2パターンあって、食後愁訴症候群という食後に起こるタイプと心窩部痛症候群というみぞおちの痛みタイプがあるそうです。

症状が改善されるようになるには、食生活・適度な運動・十分な睡眠・休養を撮ったりして正しい生活習慣を心がけることで症状が和らぐそうですので、将来のためにもきちんとした生活習慣を心がけましょうね。