糖尿病の治療

最近では、糖尿病の治療が変わってきています。従来、インスリン治療が有効だったそうですが、インスリン治療では注射が必要で血糖値が下がりすぎてしまって、お腹が空くそうですよ。

新しい治療法が開発されていて、食事療法や内服薬でできるそうですよ。
ドクターを変えることでインスリン治療をやめることも夢ではないそうです。体重もインスリン治療ですと、インスリンは肥満ホルモンですので増やしてしまうのですが、インスリン治療を辞めて治療法が変えることでとても減るそうですよ。低血糖のリスクもとても減りますので、インスリン治療をお勧めしないのです。

インスリン治療をしていると、肥満や認知症、がんになってしまうというデータが有り、なりたくないものになることが多いそうです。
糖尿病の治療の際は、インスリン治療をしている方もインスリン治療ではなく、蛋白脂質食の療法に医師とともに切り替えてみてはいかがですか。

うつ病に薬は危険?

うつ病になってしまう方は増加傾向にありますが、その殆どが薬による治療だそうです。しかし、薬治療は要らないそうで、薬があることで症状が悪化するという結果が出ているのです。

向精神薬のSSRIを服用しても、最初のうちから症状が改善されないそうなのです。薬の量を増やされても症状が改善されず、むしろ副作用が出てしまったそうですよ。
そして、薬をやめる際は一気に止めないようにするべきなのです。

大阪の心療内科・うつ病に。

向精神薬は人によっては多剤大量処方になりかねないのです。
多剤大量処方は治療するにあたって、依存してしまう人も多いので、医者選びにも気をつける必要があるのです。