インフルエンザの予防

毎年猛威を振るっているインフルエンザは、まさに今、1月末〜3月中頃がピークだと言われています。

38℃以上の高熱や頭痛や関節痛、筋肉痛などの風邪の諸症状とあまり変わらない症状が典型的なインフルエンザの症状と言えます。
更に高齢の方だと細菌性肺炎だったり、お子様だと肺炎やインフルエンザ脳症を発症してしまう可能性があるので、インフルエンザの予防は非常に大切な要素の1つと言えるでしょう。

主なインフルエンザの感染経路は感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染、感染者の手や身体を直接触接触感染です。
飛沫感染を防ぐ為には咳やくしゃみをする人がマスクすること、接触感染は石鹸による手洗いや速乾性のアルコール剤による消毒が最も大切となります。

毛穴の治療「アグネス」

毛穴治療である「アグネス」は、毛穴の皮脂腺を高周波で破壊することで毛穴を目立たなくします。
元々は脱毛器だったのですが、その後ニキビ治療への効果や目のたるみの治療にも応用されてきたりと、本来は毛穴専用治療を目的として作られた訳ではないようです。

実は毛穴に対する治療に関しても応用として行なわれており、治療を受けてから大体2週間程度したら効果が実感できるという場合が多いそうです。
その治療の特徴から、一度に全ての鼻の毛穴を治そうとすると赤みが残ってしまう可能性がありますので、何度かに分けて施術を受けることをおススメします。

また実際に施術を受けた方の話を見てみると、多くの方が黒ずみの毛穴が無くなったと実感していますので、特に黒ずみ毛穴にお悩みの方にいいのかもしれません。

脇を切らないワキガ・多汗症治療 ビューホット

多汗症やワキガで悩まされている方は多くいらっしゃると思いますが、それらの治療には脇を切る必要があり、中々治療に踏み出すのにも勇気が必要でした。
しかし多汗症・ワキガのお悩みをおよそ98%解消できる最新治療法「ビューホット」は、脇を切らずに治療が出来ると注目を浴びています。

ビューホットを照射することで高周波の極細針が脇の下全体に熱を浸透し、ワキガの臭いの原因である「アポクリン汗線」、汗の元になる「エクリン汗線」の双方をそれぞれ破壊します。
針と聞くと痛みのあるイメージですが、脇を冷やしながら照射が可能であったり、クリニックによっては局部麻酔にも対応してくれるなど、痛みを感じないための対応がされますので安心してください。

傷口も全くと言っていいほど目立ちませんし、翌日からシャワーを浴びることが出来るのでライフスタイルに影響が出る心配もありません。

聖ローザクリニック

産婦人科・小児科を専門にしている医院で、白を基調とした明るい空間は清潔感もあり過ごしやすいと評判です。
内装にも力を入れており、シャンデリアの柔らかい光が溢れる待ち合い室は病院に来ていることも忘れてしまいます。

5室の完全個室の診察室を設けており、プライバシーにもしっかり配慮した造りになっているので周りに聞かれたくないことでも安心して話してもらえるでしょう。
また患者様への負担が最小限に抑えられる内診台を導入しているため、快適な診察をしてもらえるのが魅力です。

産婦人科と小児科が同じ医院内にあるため、出産後も継続して診療できるから、お子様のかかりつけ医としても安心・便利でしょう。