メディカルケア虎ノ門

メディカルケア虎ノ門は、東京メトロ銀座線 虎ノ門駅の4番出口より徒歩2分にあり、ちょっと離れたところに住んでいるいる人も駅から近く通いやすい病院になっています。
ここはリワーク外来というのをしており、うつ病で悩んでいる人を社会復帰させることを取り組んでいて患者は会社のように部署ごとに別れて、それぞれに振り分けられた業務に携わり擬似的な体験をしながら、仕事への復帰を目指すというリハビリを行っている病院なのです。

うつ病とはストレスなどが原因でゆううつな気分・不眠・活力の低下が続いてしまう病気で1年間で約3万人の自殺者のうち、うつ病による自殺者は約6,500人にのぼりもっとも多いんです。
死にもつながってしまう病気をいかに治すかを医者たちは模索しています。

愛知医科大学病院

手術フロアーは年間、1万件以上の手術に対応できるように19室に手術室を完備してある大きい病院になっています。
そのうち一室は、血管造影と手術ができるハイブリット手術室があり、カテーテルを血管に挿入し治療を行うインターベンション主義と外科的主義の両方を1室で行うことが可能なのです。

ガン医療における放射線治療は、外科治療と薬物治療とともにガン治療にかかせない治療になっていますが、脳や脊髄に病相がある場合や、十分な線量を照射できない治療に対して正確で高質力な照射が可能となりました。
これによって治療にかかる時間が短縮され、より正確な治療を行える最新機器が導入されています。

ドクターカー

間渕医師は2013年に、病院が少ない中津川市で日本で初めてのドクターカーに特化した、診療科である病院前救急診療科を設置しました。

そんな間渕さんが、ドクターカーに出会ったのがドイツで大変衝撃的な印象を受けたそう。
導入された2008年には、85の現場緊急治療を行っており2009年には1日1件のペースで出勤しており、欧州型ドクターカーの知名度も年々あがってきているそうですよ。

日本ではドクターヘリは有名ですが、ドクターカーがドクターヘリの方が優れている点については時間や天候に左右されることがないので、速やかに患者さんのところに駆けつけられるということです。
確かに、台風が来てしまっているときなんかはヘリコプターでは難しいので、素晴らしい方法ですね。

https://youtu.be/MabCJJo1vhM?t=484

越谷市立病院

越谷市立病院は内科・神経内科・呼吸器科など18の診療科や、一般病床481症を抱える病院でJR武蔵野線・東武スカイツリーラインが通っているので都心からもアクセスしやすくなっています。
埼玉県がん診療指定病院とされているほか、脳卒中ケアユニットを埼玉東部地区で初めて立ち上げたりと地域医療の充実に力を入れています。

また市立病院4階の改修工事を行い、産科病棟と婦人科・女性専用病棟が新しくオープンしました。
従来の産婦人科病棟をリニューアルし、隣の病棟が婦人科・女性専用病棟となり産科病棟が完成されました。
機能面では、分娩室を増設して4室にし出産の受け入れを充実するとともに、高度な出産に対応するための母子胎児集中治療室も新たに3室設けたりと充実を図っています。
相談窓口と各部門が連携して支援し、各部門に患者サポート担当者を配置しているので気軽に相談してみては。