高齢者のうつ病を予防・治療するには

物事に対して興味を示せなくなったり、活気が無くなったりという症状は認知症の初期症状と言われていますが、これらの症状のある人はうつ病の可能性があると言えます。

高齢者の場合には、親しい人との死別や経済的な心配、退職後の孤立、病気の発症といった状況により、うつ病を発症することがありますが、認知症との違いを理解しておく必要があります。

うつ病には気分の変化に違いがあり、主に朝は気分が悪くなり、夕方になると改善するのだそうです。

高齢者のうつ病治療では、無理をさせないことと、体に負担をかけないような薬物による治療を行い、予防するためには高齢者に生き甲斐や、やりがいを見つけて生活してもらうことが大切ですから、身近な高齢者を気にかけておきましょう。

鬱病の最新事情を知ろう

うつ病は誰にでも起こりうる病気であり、患者数も増加の一途を辿っていて、うつ病にならないためにも、うつ病の医学的な事情について知っておきましょう。

うつ病は、性格や体質、ストレスや過労などにより発症することがありますが、うつ病とは心の病気ではなく、脳の病気だということが分かっており、15人に1人が発症していると言われています。

うつ病に罹ってしまうと正常な判断ができなくなり、最悪の場合、自殺してしまう人もいるくらい深刻な病気であり、早期発見して治療を行うことが大切ですよ。

うつ病の人を見分けるには、雰囲気や言動、表情や様子がいつもと違っていたり、睡眠が摂れていなかったり、好きなことを思い切り楽しめないという症状が2週間以上続いているのであれば医療機関に行きましょう。

うつ病を発症するメカニズムとは

現代人はストレス社会で生きていて、多くの人がうつ病に悩んでいますが、うつ病で処方された薬を飲んでも、体が鉛のように重く、やる気が出ない人もいるのです。

鬱病患者の体ではどういう変化が起こっているのか、研究により脳に原因があると判明し、うつ病の人は健康な人と比べて、少し脳の一部が萎縮しているとのことです。

萎縮が起こった原因は扁桃体にあり、うつ病の人は健常者に比べて扁桃の活動が活発化しており、扁桃体が活動することにより、不安や恐怖、悲しみといった感情が強く感じられます。

ストレスホルモンの値が高いと、脳の神経細胞にダメージを受けて、神経細胞への栄養が行き渡らなくなり、この状態が続くと脳が萎縮してしまい、行動意欲が湧かなくなるのです。

2 / 212