小児在宅医療の連携

最近では、通院が困難な重症児や長期入院を余儀なくされる小児が増えている一方で、小児専門病院の不足により、本来受けるべき医療を病院で満足に受けられない状態が続いているのが問題として挙げられているそうなのです。

近年では、小児在宅医療システムの構築により、小児在宅医療という新たな取り組みが行われ、自宅で家族と共に過ごしながら医療的ケアを受けられる環境が用意されたのです。
一方で、担当する看護師は殆ど病棟に勤務しているため、お子様の成長に伴う生活の変化への対応の難しさや長期的な視野を持ちにくくなってしまう等の問題も挙げられているそうです。

小児在宅医療が目指す所は、お子様が親・兄弟と家族として一緒の生活を送ることを第1とし、本人やその家族と治療やケアの方法を考え実現していくところなのかもしれませんね。

後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度という医療制度があることはご存知ですか?
知らない方も多いかと思いますので、後期高齢者医療制度について紹介致します。

後期高齢者医療制度とは、75歳以上の方が加入する医療制度のことです。
75歳未満の方は、国民健康保険・被用者保険のいずれかに加入していますが、75歳からは後期高齢者医療制度に加入が切り替わる仕様になっているのです。ただし、65歳~74歳の方でも寝たきり等の障害があると認定された方は制度の対象となります。

保険料は、広域連合ごとに決められ、加入者1人1人がこれを納めます。保険料の納入方法について年額18万以上の年金を受給している方は年金から天引きされ、年額18万未満の方は口座振替、もしくは納付書等で市区町村に納めるのです。

医療機関を受診した際の窓口負担は原則1割ですが、現役並の所得がある場合は窓口負担が3割になるそうです。

医療保険とがん保険

医療保険とがん保険は共通で、加入は任意です。
たくさんの保険があり、違いがわからない方、加入を検討されている方は、動画を見たり、ネットで調べたりすることをお勧めします。

医療保険とがん保険は、医療保険の中にがん保険がある感じです。
医療保険は入院保険ともいい、入院して治療するだけで保険料は出ます。
がん保険は、がん以外の病気には保険適用されないというデメリットがあります。
ですが、この2つの保険に入ると、がん治療のために入院したりすると、どちらも適用されるので、とてもお得なように感じます。
どちらも医療費がかかってしまうので、保険に入ることをお勧めします。

子どもに必要な医療ケア、支援強化へ

高齢出産などの原因により、幼い子どもで難病を患っているというケースは年々増加しているとのことですが、医療技術の進歩により、より多くの命を救うことができるようになりましたので、子どもの入院件数も増加しているのです。

しかし、まだまだ治療後の支援や制度で不足していることがあるため、家族が子どもの医療ケアを行っているのが現状であり、家族の負担が増加しているのです。

厚生労働省では、障害者を支援する法律や子どもの医療的ケアについて支援を利用しやすくなるための会議を行い、取り組みを見直しているとのことです。

これから生まれてくる子どもたちのためにも、現在難病に悩まされている子どもとその家族が暮らしやすくなるためにも、支援を利用できる取り組みを迅速に考えてほしいですね。

医療制度について知っておこう

日本には国民皆保険制度があり、全ての国民が公的な医療保険に加入しているため、充実した医療を受けることができるようになっていますが、現代では自分や家族の体に何が起こるか分かりませんから、医療の制度について知っておきましょう。

保険制度は加入した人が保険料を支払うことにより、医療費を支え合っていいて、公務員や会社員、船員は被用者保険に加入し、自営業者と退職者などは国民健康保険に加入するのです。

被用者保険では事業主との折半で支払いますが、国民健康保険では、加入者が全額支払うという特徴があり、保険料を支払うことにより、医療機関を利用した際には、年齢によって異なりますが、実際の治療費の一部のみ負担するだけで済むのです。

毛穴の治療「アグネス」

毛穴治療である「アグネス」は、毛穴の皮脂腺を高周波で破壊することで毛穴を目立たなくします。
元々は脱毛器だったのですが、その後ニキビ治療への効果や目のたるみの治療にも応用されてきたりと、本来は毛穴専用治療を目的として作られた訳ではないようです。

実は毛穴に対する治療に関しても応用として行なわれており、治療を受けてから大体2週間程度したら効果が実感できるという場合が多いそうです。
その治療の特徴から、一度に全ての鼻の毛穴を治そうとすると赤みが残ってしまう可能性がありますので、何度かに分けて施術を受けることをおススメします。

また実際に施術を受けた方の話を見てみると、多くの方が黒ずみの毛穴が無くなったと実感していますので、特に黒ずみ毛穴にお悩みの方にいいのかもしれません。

メディカルケア虎ノ門

メディカルケア虎ノ門は、東京メトロ銀座線 虎ノ門駅の4番出口より徒歩2分にあり、ちょっと離れたところに住んでいるいる人も駅から近く通いやすい病院になっています。
ここはリワーク外来というのをしており、うつ病で悩んでいる人を社会復帰させることを取り組んでいて患者は会社のように部署ごとに別れて、それぞれに振り分けられた業務に携わり擬似的な体験をしながら、仕事への復帰を目指すというリハビリを行っている病院なのです。

うつ病とはストレスなどが原因でゆううつな気分・不眠・活力の低下が続いてしまう病気で1年間で約3万人の自殺者のうち、うつ病による自殺者は約6,500人にのぼりもっとも多いんです。
死にもつながってしまう病気をいかに治すかを医者たちは模索しています。

愛知医科大学病院

手術フロアーは年間、1万件以上の手術に対応できるように19室に手術室を完備してある大きい病院になっています。
そのうち一室は、血管造影と手術ができるハイブリット手術室があり、カテーテルを血管に挿入し治療を行うインターベンション主義と外科的主義の両方を1室で行うことが可能なのです。

ガン医療における放射線治療は、外科治療と薬物治療とともにガン治療にかかせない治療になっていますが、脳や脊髄に病相がある場合や、十分な線量を照射できない治療に対して正確で高質力な照射が可能となりました。
これによって治療にかかる時間が短縮され、より正確な治療を行える最新機器が導入されています。

ドクターカー

間渕医師は2013年に、病院が少ない中津川市で日本で初めてのドクターカーに特化した、診療科である病院前救急診療科を設置しました。

そんな間渕さんが、ドクターカーに出会ったのがドイツで大変衝撃的な印象を受けたそう。
導入された2008年には、85の現場緊急治療を行っており2009年には1日1件のペースで出勤しており、欧州型ドクターカーの知名度も年々あがってきているそうですよ。

日本ではドクターヘリは有名ですが、ドクターカーがドクターヘリの方が優れている点については時間や天候に左右されることがないので、速やかに患者さんのところに駆けつけられるということです。
確かに、台風が来てしまっているときなんかはヘリコプターでは難しいので、素晴らしい方法ですね。

https://youtu.be/MabCJJo1vhM?t=484