医療レーザー脱毛の仕組み

こちらの動画では医療レーザー脱毛について画像を使用して分かりやすく説明されています。脱毛をしたいけどどういった仕組みになっているのか知りたいといった方にとても有効だと思います。

脱毛に必要なのは毛根だけですので、まずは毛先を剃り落とします。普段は自分で沿ってから行きますが、初回は沿っていいのかを病院に確認することが良いかと思います。

次に毛根やその近くの皮膚を冷却していきます。その後でレーザーを当てていきますが、レーザーと聞いて不安に感じる方がいらっしゃるかと思いますが、レーザーは太陽光と同じ可視光の一種で無害ですので、安心できます。

脳卒中になった時の治療方法

脳卒中は誰にでも起こりうる病気であり、年間12万人もの人が命を落とす病気でもあり、脳卒中には血管が脳に詰まる脳梗塞と、脳の血管が破裂する脳出血、くも膜下出血があります。

脳卒中のうち脳梗塞が70%を占めており、脳の血管が詰まることで徐々に運動機能が停止するため、血栓を取り除く必要があり、治療法として、一般的に点滴薬が使われますが、この薬は出血する病気を患っている方は使うことができないのです。

カテーテルを血管に通して血栓を取り除く治療法もあり、掃除機で吸い込むように血栓を取るという特徴がありますから、治療の時間もスピーディですし、身体への負担も少なくて済むそうなのです。
新しい治療として、細いワイヤーとカテーテルを血栓に通したら、さらに細いワイヤーで絡め取るという方法等もありますので、進歩を感じられますよ。

循環器系の病気の予防方法

循環器病の代表といえば脳卒中や心筋梗塞が挙げられますが、ある日突然誰にでも起こり得る症状で命の危険もありますから、今のうちにリスクを減らして、健康な体を手に入れましょう。

循環器系の病気の主な原因が動脈硬化ですから、動脈硬化の原因である糖尿病や高血圧、脂質異常などの生活習慣病を日頃から歩く等の運動を行い予防することが大切ですよ。

とある日本の都市の住民の健康を調査したことにより、10年間のうちに疾患になりやすいリスクを吹田スコアとして数値として予測できるそうですので、自分や家族は大丈夫かどうか確認してみてはいかがでしょう。

毎年の健康診断で人間ドッグを受けてみることも大切ですが、近年では高度な循環ドッグを利用することもできますので、詳しく調べて受診してみたりしてみてはいかがですか。

糖尿病の治療

最近では、糖尿病の治療が変わってきています。従来、インスリン治療が有効だったそうですが、インスリン治療では注射が必要で血糖値が下がりすぎてしまって、お腹が空くそうですよ。

新しい治療法が開発されていて、食事療法や内服薬でできるそうですよ。
ドクターを変えることでインスリン治療をやめることも夢ではないそうです。体重もインスリン治療ですと、インスリンは肥満ホルモンですので増やしてしまうのですが、インスリン治療を辞めて治療法が変えることでとても減るそうですよ。低血糖のリスクもとても減りますので、インスリン治療をお勧めしないのです。

インスリン治療をしていると、肥満や認知症、がんになってしまうというデータが有り、なりたくないものになることが多いそうです。
糖尿病の治療の際は、インスリン治療をしている方もインスリン治療ではなく、蛋白脂質食の療法に医師とともに切り替えてみてはいかがですか。

日本人が開発した新しいガン治療の方法とは

日本人が新しく開発したガンの治療方法が、話題になっていますので紹介いたします。

その方法とは、近赤外線により体に無害な光を当てて、ガン細胞を攻撃するための免疫システムを活性化させるという方法であり、日本人の小林研究員らが開発に成功し、マウスによる実験では、転移したガンにも効果が得られたのだそうです。

免疫システムが、誤って健康的な細胞を攻撃しないようガードする役割を持つT細胞がありますが、この研究ではT細胞を破壊して、抗体と結合する薬を作成したのです。

大腸ガンや肺がん、甲状腺癌を発症させたマウスに、この薬を注射して近赤外線を当てることにより、たった1日で全てのガン細胞を消すことができたのです。

まだ臨床試験の段階に至っていませんが、今後の研究結果に期待したいですね。

http://youtu.be/TRpV-fs1MPg

子どもに必要な医療ケア、支援強化へ

高齢出産などの原因により、幼い子どもで難病を患っているというケースは年々増加しているとのことですが、医療技術の進歩により、より多くの命を救うことができるようになりましたので、子どもの入院件数も増加しているのです。

しかし、まだまだ治療後の支援や制度で不足していることがあるため、家族が子どもの医療ケアを行っているのが現状であり、家族の負担が増加しているのです。

厚生労働省では、障害者を支援する法律や子どもの医療的ケアについて支援を利用しやすくなるための会議を行い、取り組みを見直しているとのことです。

これから生まれてくる子どもたちのためにも、現在難病に悩まされている子どもとその家族が暮らしやすくなるためにも、支援を利用できる取り組みを迅速に考えてほしいですね。

巻き爪ロボ

自分で爪の形を変えることができる新しい巻き爪矯正器です。いままでの矯正具にはできなかった思い通りに形を変えることができる、自分で治すことができる巻き爪矯正です。
また、瞬時に効果を実感することができ、巻き爪に苦しむすべての人が長年待ち望んでいた今までにない体験をすることができる商品です。

お湯の力で自然に軟化し、ドライヤーの熱で固めるだけで使用することができます。爪が持つ本来の性質を活かして爪の形を変えますので、痛みもなく、爪も傷つかず、自然な力で爪を治すことができます。
個人差の激しいどんな巻き爪もしっかりと矯正することができます。

危険信号を見極めて痔を治そう!

痔は男性がなりやすいものだと思っている方も多いかもしれませんが、実際の割合は男女半々であり、便秘を起こしやすい女性の法が痔になりやすいのだそうです。

場所が場所なので恥ずかしがって病院に行かず、焼けるような不快感などの症状に悩まされている方も多いようですが、自宅にいながら症状を軽減することができるとのことですから、ぜひ実践して症状を緩和させましょう。

健康食品などに含まれているのをよく見かけるアロエベラは、炎症を鎮める効果があり、アロエベラのジェルを患部に塗り込むだけで痔の痛みや痒みといった症状を和らげることができるのです。

ジャガイモの脱水効果を利用するのもオススメですし、カモミールの花には消炎作用がありますので、ぜひお試しください。

医療制度について知っておこう

日本には国民皆保険制度があり、全ての国民が公的な医療保険に加入しているため、充実した医療を受けることができるようになっていますが、現代では自分や家族の体に何が起こるか分かりませんから、医療の制度について知っておきましょう。

保険制度は加入した人が保険料を支払うことにより、医療費を支え合っていいて、公務員や会社員、船員は被用者保険に加入し、自営業者と退職者などは国民健康保険に加入するのです。

被用者保険では事業主との折半で支払いますが、国民健康保険では、加入者が全額支払うという特徴があり、保険料を支払うことにより、医療機関を利用した際には、年齢によって異なりますが、実際の治療費の一部のみ負担するだけで済むのです。

最新のヘルニア治療とは

今や国民病とも言えるくらい多くの人々が腰痛に悩まされていますが、その腰痛には様々な種類があり、感じる痛みや部位も様々、原因も複数あります。

その中でもヘルニアは、椎間板から骨が神経を圧迫することにより、症状としてクシャミや歩くだけでも強い痛みが生じるものであり、痛みにより寝ることや食事もままならないままならないため、寝たきりになる患者もいる疾患です。

しかし、とある病院では、たった3時間の手術で痛みも無く、体も切らずに治すというペルド手術という治療方法が話題になっているのです。

通常は、ヘルニアの症状が深刻化して大きくなってしまった場合に、背中を切って手術を行う必要がありますが、ペルド手術は内視鏡を使用してヘルニアを取り除くので、体への負担も少なくて済みます。

1 / 212