1滴の血だけでがんの早期発見ができる可能性!

血液中のガンに関連する物質が放つ光を捉えてがんの有無を診断する方法を神戸市の医療機器会社マイテックと昭和大学江東豊洲病院などのグループが世界で始めて開発した1滴の血液を使用し、3分以内で診断できるという画期的な機器で臨床応用を目指しています。

マイテックが開発した特殊な金属チップに血液を付着させ、がんが免疫に攻撃されたときに血液中に溶け出るヌクレオーソムという物質を集めてレーザーを当てて検出した量でがんを診断する手法を開発しました。

がん患者や良性腫瘍の患者さんに検査を行ったところ現在にところ的中率は100%であったそうです。