メディオスターNeXT PRO 解説

最新の医療脱毛機器であるメディオスターNeXT PROについての解説です。

いままでの医療脱毛は光を当てて脱毛をしていくIPL式の脱毛が最も一般的のようです。最新の医療機器蓄熱式の脱毛となっており、その蓄熱式の中でも最も安全性が高いといわれている機器がこちらの機器です。

こちらの機器が開発されてから医療脱毛ははじく、痛いといった治療から、なでる、優しいという時代になってきたといわれています。

こちらが一般的に使用されることになれば、いままで興味があるが痛いのが嫌なのでやっていないという方からやってみようとの患者さんが多くなってくるのではないでしょうか。

高額療養費制度とは

健康保険では医療費の自己負担金は原則として3割です。しかし、入院は長い期間の治療では3割と言っても高額な費用が掛かってしまいます。これは医療費全体が高額に鳴る経済的な出費とともに精神的名不安もかなりのものとなってしまうでしょう。
 
そこで自分で負担する金額が大きくなってしまう場合にその負担を軽くしてくれるのが高額療養費制度です。病院や夜曲で支払った金額が一定の金額を超えた場合にその超えた金額が高額医療費として支給してくれます。
 
こちらの医療費を計算することで高額になってしまった費用を軽減できる可能性があります。

光美容器 JoyVersion

動画で紹介されている脱毛器は、売り上げランキング1位を獲得のしたこともある機器で現在も高い人気を獲得している脱毛危機です。

こちらの機器の人気の理由として、効果を実感しやすい、痛くない、自宅で出来て簡単に試用することが出来るなどの特徴があります。
きになる脇などはもちろんのことVIOライン、腕、脚等照射回数の関係で家庭用IPLではなかなか充分な無駄毛けあができなかった部位の無駄毛ケアもおこなうことができます。

また部位別に使用することができる3つのカートリッジが付属されており、目的にあわせた脱毛をしていただくことができます。

大腸3D−CT検査

いままでの大腸のがん検診は内視鏡の検査を想像するかと思いますが、内視鏡の検査では前日には食事の制限をして、痛い内視鏡を入れなければいけないといった理由から検査をしないという方もおおいかと思います。
 
しかし、最新の検査方法である大腸3D−CTをするkとによって靭帯を輪切り上に撮影することによって内視鏡を入れることなく大腸の様子を撮影することが可能なようです。
 
また内視鏡は大腸の中を通っていきますので、大腸の外をみることができないということがありましたが、大腸3D−CT検査では大腸の外側も撮影することができます。

メディオスターNeXT PRO

日々人気を重ねているレーザー脱毛ですが、中にはレーザーによる脱王は痛みを伴ってしまい、肌の日焼けもしてしまうという危険性もはらんでいたり等がありました。
しかし、このメディオスターNeXT PROであ全く異なっている脱毛の理論によってレーザーだt網による傷み、不便さを改善していきます。

今までのレーザーは毛の毛根を熱破壊する方法の脱毛でコレによって大きな痛みを伴っていました。しかし、メディオスターNeXT PROはバルジとよばれる発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。この毛根よりも浅い層に存在するバルジの破壊は痛みを少なく抑える事が可能になっています。

1滴の血だけでがんの早期発見ができる可能性!

血液中のガンに関連する物質が放つ光を捉えてがんの有無を診断する方法を神戸市の医療機器会社マイテックと昭和大学江東豊洲病院などのグループが世界で始めて開発した1滴の血液を使用し、3分以内で診断できるという画期的な機器で臨床応用を目指しています。

マイテックが開発した特殊な金属チップに血液を付着させ、がんが免疫に攻撃されたときに血液中に溶け出るヌクレオーソムという物質を集めてレーザーを当てて検出した量でがんを診断する手法を開発しました。

がん患者や良性腫瘍の患者さんに検査を行ったところ現在にところ的中率は100%であったそうです。