心の病気を治すには精神療法はダメ?

現代のストレス社会で生きていることにより、現在心の病気で悩まされているという方も多いかもしれませんが、心の病気とはすなわち脳の病気でもありますので、精神療法や心理療法で治そうと思っても根本的には解決しないのです。

アルツハイマーや機能障害などの症状を治すのと同じような問題と言えますので、精神に働きかけても完全に治すことができませんので、心理療法やセラピー、行動療法によるアプローチにお金をかける必要性はないのです。

日本には心理療法などに関する国家的な資格がありませんので、専門的な治療も意味がありませんし、脳の問題を解決することが大切なのです。

心の病気は、性格に問題があるからというのは関係ありませんので、心の傷をどうこうするのではなく、脳についての専門的な診療科を受診しましょう。

心の病気について知ろう

心の病気として知られている「うつ病」は、ストレス社会で生きる現代の日本人なら誰にでも起こりうる病気ですから、身近な人が症状で悩まないよう病気について理解しておきましょう。

最近、憂鬱な気分が長期間続いているという方や、何をやってもやる気が出ないという方、集中力が続かなくて作業が捗らないという方はうつ病を疑いましょう。

うつ病の主な症状として、憂鬱な気分や無気力感が続いたり、不眠症状に悩まされることで日常の生活に支障をきたしてしまうのです。

脳内の神経伝達物質に乱れが発生していますので、修正することで症状を改善することができますよ。

放っておいても治る病気ではありませんから、きちんと専門の病院を受診して、医師の治療を受けることが大切なのです。

日本人が開発した新しいガン治療の方法とは

日本人が新しく開発したガンの治療方法が、話題になっていますので紹介いたします。

その方法とは、近赤外線により体に無害な光を当てて、ガン細胞を攻撃するための免疫システムを活性化させるという方法であり、日本人の小林研究員らが開発に成功し、マウスによる実験では、転移したガンにも効果が得られたのだそうです。

免疫システムが、誤って健康的な細胞を攻撃しないようガードする役割を持つT細胞がありますが、この研究ではT細胞を破壊して、抗体と結合する薬を作成したのです。

大腸ガンや肺がん、甲状腺癌を発症させたマウスに、この薬を注射して近赤外線を当てることにより、たった1日で全てのガン細胞を消すことができたのです。

まだ臨床試験の段階に至っていませんが、今後の研究結果に期待したいですね。

http://youtu.be/TRpV-fs1MPg

子どもに必要な医療ケア、支援強化へ

高齢出産などの原因により、幼い子どもで難病を患っているというケースは年々増加しているとのことですが、医療技術の進歩により、より多くの命を救うことができるようになりましたので、子どもの入院件数も増加しているのです。

しかし、まだまだ治療後の支援や制度で不足していることがあるため、家族が子どもの医療ケアを行っているのが現状であり、家族の負担が増加しているのです。

厚生労働省では、障害者を支援する法律や子どもの医療的ケアについて支援を利用しやすくなるための会議を行い、取り組みを見直しているとのことです。

これから生まれてくる子どもたちのためにも、現在難病に悩まされている子どもとその家族が暮らしやすくなるためにも、支援を利用できる取り組みを迅速に考えてほしいですね。

最新のヘルニア治療とは

今や国民病とも言えるくらい多くの人々が腰痛に悩まされていますが、その腰痛には様々な種類があり、感じる痛みや部位も様々、原因も複数あります。

その中でもヘルニアは、椎間板から骨が神経を圧迫することにより、症状としてクシャミや歩くだけでも強い痛みが生じるものであり、痛みにより寝ることや食事もままならないままならないため、寝たきりになる患者もいる疾患です。

しかし、とある病院では、たった3時間の手術で痛みも無く、体も切らずに治すというペルド手術という治療方法が話題になっているのです。

通常は、ヘルニアの症状が深刻化して大きくなってしまった場合に、背中を切って手術を行う必要がありますが、ペルド手術は内視鏡を使用してヘルニアを取り除くので、体への負担も少なくて済みます。

聖ローザクリニック

産婦人科・小児科を専門にしている医院で、白を基調とした明るい空間は清潔感もあり過ごしやすいと評判です。
内装にも力を入れており、シャンデリアの柔らかい光が溢れる待ち合い室は病院に来ていることも忘れてしまいます。

5室の完全個室の診察室を設けており、プライバシーにもしっかり配慮した造りになっているので周りに聞かれたくないことでも安心して話してもらえるでしょう。
また患者様への負担が最小限に抑えられる内診台を導入しているため、快適な診察をしてもらえるのが魅力です。

産婦人科と小児科が同じ医院内にあるため、出産後も継続して診療できるから、お子様のかかりつけ医としても安心・便利でしょう。

メディカルケア虎ノ門

メディカルケア虎ノ門は、東京メトロ銀座線 虎ノ門駅の4番出口より徒歩2分にあり、ちょっと離れたところに住んでいるいる人も駅から近く通いやすい病院になっています。
ここはリワーク外来というのをしており、うつ病で悩んでいる人を社会復帰させることを取り組んでいて患者は会社のように部署ごとに別れて、それぞれに振り分けられた業務に携わり擬似的な体験をしながら、仕事への復帰を目指すというリハビリを行っている病院なのです。

うつ病とはストレスなどが原因でゆううつな気分・不眠・活力の低下が続いてしまう病気で1年間で約3万人の自殺者のうち、うつ病による自殺者は約6,500人にのぼりもっとも多いんです。
死にもつながってしまう病気をいかに治すかを医者たちは模索しています。

愛知医科大学病院

手術フロアーは年間、1万件以上の手術に対応できるように19室に手術室を完備してある大きい病院になっています。
そのうち一室は、血管造影と手術ができるハイブリット手術室があり、カテーテルを血管に挿入し治療を行うインターベンション主義と外科的主義の両方を1室で行うことが可能なのです。

ガン医療における放射線治療は、外科治療と薬物治療とともにガン治療にかかせない治療になっていますが、脳や脊髄に病相がある場合や、十分な線量を照射できない治療に対して正確で高質力な照射が可能となりました。
これによって治療にかかる時間が短縮され、より正確な治療を行える最新機器が導入されています。

ドクターカー

間渕医師は2013年に、病院が少ない中津川市で日本で初めてのドクターカーに特化した、診療科である病院前救急診療科を設置しました。

そんな間渕さんが、ドクターカーに出会ったのがドイツで大変衝撃的な印象を受けたそう。
導入された2008年には、85の現場緊急治療を行っており2009年には1日1件のペースで出勤しており、欧州型ドクターカーの知名度も年々あがってきているそうですよ。

日本ではドクターヘリは有名ですが、ドクターカーがドクターヘリの方が優れている点については時間や天候に左右されることがないので、速やかに患者さんのところに駆けつけられるということです。
確かに、台風が来てしまっているときなんかはヘリコプターでは難しいので、素晴らしい方法ですね。

https://youtu.be/MabCJJo1vhM?t=484

越谷市立病院

越谷市立病院は内科・神経内科・呼吸器科など18の診療科や、一般病床481症を抱える病院でJR武蔵野線・東武スカイツリーラインが通っているので都心からもアクセスしやすくなっています。
埼玉県がん診療指定病院とされているほか、脳卒中ケアユニットを埼玉東部地区で初めて立ち上げたりと地域医療の充実に力を入れています。

また市立病院4階の改修工事を行い、産科病棟と婦人科・女性専用病棟が新しくオープンしました。
従来の産婦人科病棟をリニューアルし、隣の病棟が婦人科・女性専用病棟となり産科病棟が完成されました。
機能面では、分娩室を増設して4室にし出産の受け入れを充実するとともに、高度な出産に対応するための母子胎児集中治療室も新たに3室設けたりと充実を図っています。
相談窓口と各部門が連携して支援し、各部門に患者サポート担当者を配置しているので気軽に相談してみては。




1 / 212