ケアマネージャーはどのくらいの医療知識をもてばよいのか?

ケアマネージャーは努力している方もおおいにも関わらず医療知識が乏しい等叩かれてしまうことが多くあると解説されています。

解説者さんの考えるケアマネ3本柱というものがあり、1つ目は囲い込みでケアマネージャーは利益運動のために自分の系列のサービスに業者を紹介する営業マンになってしまっているといわれてしまいます。

二つ目が雇用危機ケアマネで、家族や企業からいわれるがままということで3つ目が医療知識が不足しているといわれるのではないかということです。
こちらの動画の投稿者さんからの意見ですと最低でもネット検索1ページ目になっているところまでは覚えたほうが良いのではないかということです。

高額療養費制度とは

健康保険では医療費の自己負担金は原則として3割です。しかし、入院は長い期間の治療では3割と言っても高額な費用が掛かってしまいます。これは医療費全体が高額に鳴る経済的な出費とともに精神的名不安もかなりのものとなってしまうでしょう。
 
そこで自分で負担する金額が大きくなってしまう場合にその負担を軽くしてくれるのが高額療養費制度です。病院や夜曲で支払った金額が一定の金額を超えた場合にその超えた金額が高額医療費として支給してくれます。
 
こちらの医療費を計算することで高額になってしまった費用を軽減できる可能性があります。

光美容器 JoyVersion

動画で紹介されている脱毛器は、売り上げランキング1位を獲得のしたこともある機器で現在も高い人気を獲得している脱毛危機です。

こちらの機器の人気の理由として、効果を実感しやすい、痛くない、自宅で出来て簡単に試用することが出来るなどの特徴があります。
きになる脇などはもちろんのことVIOライン、腕、脚等照射回数の関係で家庭用IPLではなかなか充分な無駄毛けあができなかった部位の無駄毛ケアもおこなうことができます。

また部位別に使用することができる3つのカートリッジが付属されており、目的にあわせた脱毛をしていただくことができます。

大腸3D−CT検査

いままでの大腸のがん検診は内視鏡の検査を想像するかと思いますが、内視鏡の検査では前日には食事の制限をして、痛い内視鏡を入れなければいけないといった理由から検査をしないという方もおおいかと思います。
 
しかし、最新の検査方法である大腸3D−CTをするkとによって靭帯を輪切り上に撮影することによって内視鏡を入れることなく大腸の様子を撮影することが可能なようです。
 
また内視鏡は大腸の中を通っていきますので、大腸の外をみることができないということがありましたが、大腸3D−CT検査では大腸の外側も撮影することができます。

メディオスターNeXT PRO

日々人気を重ねているレーザー脱毛ですが、中にはレーザーによる脱王は痛みを伴ってしまい、肌の日焼けもしてしまうという危険性もはらんでいたり等がありました。
しかし、このメディオスターNeXT PROであ全く異なっている脱毛の理論によってレーザーだt網による傷み、不便さを改善していきます。

今までのレーザーは毛の毛根を熱破壊する方法の脱毛でコレによって大きな痛みを伴っていました。しかし、メディオスターNeXT PROはバルジとよばれる発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。この毛根よりも浅い層に存在するバルジの破壊は痛みを少なく抑える事が可能になっています。

1滴の血だけでがんの早期発見ができる可能性!

血液中のガンに関連する物質が放つ光を捉えてがんの有無を診断する方法を神戸市の医療機器会社マイテックと昭和大学江東豊洲病院などのグループが世界で始めて開発した1滴の血液を使用し、3分以内で診断できるという画期的な機器で臨床応用を目指しています。

マイテックが開発した特殊な金属チップに血液を付着させ、がんが免疫に攻撃されたときに血液中に溶け出るヌクレオーソムという物質を集めてレーザーを当てて検出した量でがんを診断する手法を開発しました。

がん患者や良性腫瘍の患者さんに検査を行ったところ現在にところ的中率は100%であったそうです。

血栓症ってどんな症状?

血栓症という症状は、血の塊などカサブタのような症状だと勘違いしている人もいるかもしれませんが、傷を防ぐため形成されたカサブタはやがて自然と剥がれ落ちる物であり、血栓とは体の内側にできるカサブタの事なのです。

血液中の成分のバランスが崩れてしまっていると、血栓が溶けることなく血管を塞いでしまう可能性があるのです。

もし、心臓の近くの動脈や冠動脈に血栓が発生してしまうと心筋梗塞になることが考えられますし、脳の血管に血栓が発生したら脳梗塞になってしまう可能性もあるのです。

長時間同じ姿勢でいることにより足の浮腫みが発生したり、皮膚の色がいつもより悪いという場合や、足の痛みか胸の痛みを感じる場合や、息切れなどの症状がある場合には医師の診察を受けましょう。

http://youtu.be/rmrkhJT-ewQ

心の病気を治すには精神療法はダメ?

現代のストレス社会で生きていることにより、現在心の病気で悩まされているという方も多いかもしれませんが、心の病気とはすなわち脳の病気でもありますので、精神療法や心理療法で治そうと思っても根本的には解決しないのです。

アルツハイマーや機能障害などの症状を治すのと同じような問題と言えますので、精神に働きかけても完全に治すことができませんので、心理療法やセラピー、行動療法によるアプローチにお金をかける必要性はないのです。

日本には心理療法などに関する国家的な資格がありませんので、専門的な治療も意味がありませんし、脳の問題を解決することが大切なのです。

心の病気は、性格に問題があるからというのは関係ありませんので、心の傷をどうこうするのではなく、脳についての専門的な診療科を受診しましょう。

心の病気について知ろう

心の病気として知られている「うつ病」は、ストレス社会で生きる現代の日本人なら誰にでも起こりうる病気ですから、身近な人が症状で悩まないよう病気について理解しておきましょう。

最近、憂鬱な気分が長期間続いているという方や、何をやってもやる気が出ないという方、集中力が続かなくて作業が捗らないという方はうつ病を疑いましょう。

うつ病の主な症状として、憂鬱な気分や無気力感が続いたり、不眠症状に悩まされることで日常の生活に支障をきたしてしまうのです。

脳内の神経伝達物質に乱れが発生していますので、修正することで症状を改善することができますよ。

放っておいても治る病気ではありませんから、きちんと専門の病院を受診して、医師の治療を受けることが大切なのです。

日本人が開発した新しいガン治療の方法とは

日本人が新しく開発したガンの治療方法が、話題になっていますので紹介いたします。

その方法とは、近赤外線により体に無害な光を当てて、ガン細胞を攻撃するための免疫システムを活性化させるという方法であり、日本人の小林研究員らが開発に成功し、マウスによる実験では、転移したガンにも効果が得られたのだそうです。

免疫システムが、誤って健康的な細胞を攻撃しないようガードする役割を持つT細胞がありますが、この研究ではT細胞を破壊して、抗体と結合する薬を作成したのです。

大腸ガンや肺がん、甲状腺癌を発症させたマウスに、この薬を注射して近赤外線を当てることにより、たった1日で全てのガン細胞を消すことができたのです。

まだ臨床試験の段階に至っていませんが、今後の研究結果に期待したいですね。

http://youtu.be/TRpV-fs1MPg

1 / 3123