腰痛の原因と改善方法

日々のデスクワークや立ち仕事など、同じ体勢でいることにより、多くの人々が腰痛に悩まされていますが、日本では国民病とも言えるくらいにその割合が高いのです。

痛みが長引くことにより、慢性腰痛として悩んでいる人もいますが、腰痛に関する治療や診察を受けている人はほとんど少ないため、放置しているのが現状です。

腰痛はレントゲンなどの検査でも異常が見られず、腰痛の原因としては姿勢の悪さが考えられていますが、腹筋や背筋などの筋肉が疲労したり、上半身に負担がかかったり、血の巡りが悪くなっていると痛みを感じるのです。

寝相も体内の血流に関係しており、腰痛で悩んでいる人は寝返りが少ないと言われていて、寝返りが打ちやすい体勢や枕を揃えて腰痛を改善しましょう。

高齢者のうつ病を予防・治療するには

物事に対して興味を示せなくなったり、活気が無くなったりという症状は認知症の初期症状と言われていますが、これらの症状のある人はうつ病の可能性があると言えます。

高齢者の場合には、親しい人との死別や経済的な心配、退職後の孤立、病気の発症といった状況により、うつ病を発症することがありますが、認知症との違いを理解しておく必要があります。

うつ病には気分の変化に違いがあり、主に朝は気分が悪くなり、夕方になると改善するのだそうです。

高齢者のうつ病治療では、無理をさせないことと、体に負担をかけないような薬物による治療を行い、予防するためには高齢者に生き甲斐や、やりがいを見つけて生活してもらうことが大切ですから、身近な高齢者を気にかけておきましょう。

鬱病の最新事情を知ろう

うつ病は誰にでも起こりうる病気であり、患者数も増加の一途を辿っていて、うつ病にならないためにも、うつ病の医学的な事情について知っておきましょう。

うつ病は、性格や体質、ストレスや過労などにより発症することがありますが、うつ病とは心の病気ではなく、脳の病気だということが分かっており、15人に1人が発症していると言われています。

うつ病に罹ってしまうと正常な判断ができなくなり、最悪の場合、自殺してしまう人もいるくらい深刻な病気であり、早期発見して治療を行うことが大切ですよ。

うつ病の人を見分けるには、雰囲気や言動、表情や様子がいつもと違っていたり、睡眠が摂れていなかったり、好きなことを思い切り楽しめないという症状が2週間以上続いているのであれば医療機関に行きましょう。

市立大町総合病院

84年前に創立された伝統ある病院で、長野のアルプスの山がバックにあり、地域医療を担っている総合病院です。

内科をはじめ、小児科や外科、産婦人科や整形外科、脳神経外科など12課の診察を受けられ、病床数は二百八十床余り用意されています。

総合診療科では、どの診療科を受診すればよいかわからない患者さんや、複数の臓器に問題を抱えている患者さんが診察を受けられますよ。

ガンや脳卒中などの4疾病と、災害、救急などの5事業に力を入れていて、地域完結型の医療を行っており、病院機能評価のVer5を認可されています。

院内の託児施設は病院関係者だけでなく、病院を利用される方のお子さんもお預かりできますよ。

患者さんの相談窓口や訪問看護ステーション、健康診断が受けられ、患者さんが快適に利用できますよ。

徳永整形外科

こちらのMRIでは圧迫感が少ないので、狭い場所が苦手な方でも比較的つらい思いをすることなく診療していただけるかと思います。診察に来て頂いてから検査の予約をする形になりますが数日のうちに診察を行っていただくことができます。

検査にかかる費用に関しては、1割負担の場合は1570円、3割負担の場合は4710円となっていますので、腰痛、頚部痛、関節痛で悩んでいらっしゃる方はぜひ検査を相談してみてはいかがでしょうか!
診断したMRI画像をCD-ROMで受け取ることもできます。

医院名:徳永整形外科
住所:〒224-0021 神奈川県横浜市都筑区北山田1-9-3

うつ病を発症するメカニズムとは

現代人はストレス社会で生きていて、多くの人がうつ病に悩んでいますが、うつ病で処方された薬を飲んでも、体が鉛のように重く、やる気が出ない人もいるのです。

鬱病患者の体ではどういう変化が起こっているのか、研究により脳に原因があると判明し、うつ病の人は健康な人と比べて、少し脳の一部が萎縮しているとのことです。

萎縮が起こった原因は扁桃体にあり、うつ病の人は健常者に比べて扁桃の活動が活発化しており、扁桃体が活動することにより、不安や恐怖、悲しみといった感情が強く感じられます。

ストレスホルモンの値が高いと、脳の神経細胞にダメージを受けて、神経細胞への栄養が行き渡らなくなり、この状態が続くと脳が萎縮してしまい、行動意欲が湧かなくなるのです。

失敗しない為の医者の見分け方

せっかく診察に行く、診療を受けるというのなら、より良い病院に行きたいと思うのが自然だと思いますが、一言に「良い病院」とは言ってもパッと浮かぶ事はあまりありません。
そこで今回は良い病院、医者を見分ける方法をご紹介致します。

まず良い病院の選び方ですが、手っ取り早いのは病院のホームページを見つけ、診察スケジュールを見るようにする事です。
少し大きい病院になると常勤、非常勤の医者がいると思いますが、この非常勤の割合が多い病院はあまりおすすめできません。
非常勤の医者は常勤の医者とは違い、この患者さんを一貫してみるという事がありませんので、安心を求めるのならやはり一貫してみてもらえる常勤の医者がいる方が良いでしょう。

また街にある開業医の看板を見てみると、色んな診療科が書かれていたりしますが、実は医者ならどの診療科でも名乗れてしまいます。
実際に複数を専門に勉強してきたという医者は少ない為、医者の数が1人しかいない開業医で2つ以上の診療科を掲げている場合は避けた方がいいでしょう。

ヴォーリズ記念病院

体の悪い部分だけを直すのではなく、患者の不安な心やストレスを解消する為の医療・看護を第一に考えられている病院です。
これらを徹底する為に、常に患者一人一人と信頼関係を築くことから初めて下さるので、病院内でも安心、リラックスして過ごして頂けるでしょう。

また無事退院出来た後のサポートも考えており、在宅復帰の為の患者支援センターを設立し、在宅復帰に不安を抱える患者の精神的支援を始めとした様々な支援を行なっているのも特徴です。

更に担当医師・看護師を中心に、専門スタッフも誠心誠意対応してくれるホスピス病棟も完備しており、こちらは従来の重苦しい雰囲気でなく、まるでどこかの家庭に遊びにきたかのような柔らかな雰囲気、そして優しい雰囲気を感じつつ過ごせる空間となっています。
患者とご家族の思いを最重視したサポートを行なってくださいますので、身体的にも精神的にも緩和した状態過ごしていただけるでしょう。

小金井リハビリテーション病院

病床数220床の規模で365日リハビリテーションを行なっていただけるのが、こちらの病院です。
院内全体が白を基調にした清潔感溢れるロイヤルな雰囲気になっているのが特徴で、ラウンジには白のグランドピアノ、更に大きい水槽も設置されているから、リラックスして過ごしてもらえるでしょう。

開放的で広々とした理学療法室では、多くのトレーニングマシーンが設置されており、患者様が寝たきりになってしまわないような配慮もされているのがポイントです。
また自宅に戻った後の事を考えた作業療法室も完備されており、考えられうる様々なシチュエーションに応じたリハビリ作業を行なえるため、退院後の不安も解消される事でしょう。
更に入院中に快適にお過ごし頂けるよう、様々なタイプの個室を用意していますので、お好みの部屋で過ごしてもらえるのも魅力ですね。

ヘルニアや足のしびれには最初の病院選びが重要

ヘルニアや足のしびれなどの症状がある場合、どういった病院を選ぶのが最適なのでしょうか。
これらの症状は特に時間をかけて治療していく事が多いので、すぐに変化が見られないのが普通なのです。
そんな中、少し通院して変化が見られなかったら別の病院に足を運ぶという方が多く、そういったことを何度も繰り返してしまいがちだと言います。

しかし特にヘルニアなんかは病院によって治療方針が大きく違う場合もありますので、病院を変えるごとに一からの治療になってしまう事も多く、更に症状の改善に時間がかかってしまいます。
その為まず最初に、よく調べて心から信頼出来る病院を見つけておき、そこで腰を据えて治療に専念するのが非常に大切です。
特に話しを良く聞いてくれる医師がいる病院なら、今やっている治療が自分に合わないと感じたら別の方法を提案してくれたりもしますので、治療が合わないから別の病院ではなく、腰を据えた病院の医師にまずは相談するというようにしましょう。