最新のヘルニア治療とは

今や国民病とも言えるくらい多くの人々が腰痛に悩まされていますが、その腰痛には様々な種類があり、感じる痛みや部位も様々、原因も複数あります。

その中でもヘルニアは、椎間板から骨が神経を圧迫することにより、症状としてクシャミや歩くだけでも強い痛みが生じるものであり、痛みにより寝ることや食事もままならないままならないため、寝たきりになる患者もいる疾患です。

しかし、とある病院では、たった3時間の手術で痛みも無く、体も切らずに治すというペルド手術という治療方法が話題になっているのです。

通常は、ヘルニアの症状が深刻化して大きくなってしまった場合に、背中を切って手術を行う必要がありますが、ペルド手術は内視鏡を使用してヘルニアを取り除くので、体への負担も少なくて済みます。

おたふく風邪とは?

お子様がかかる病気として身近で怖いのが、おたふく風邪です。
流行性耳下腺炎と呼ばれるこの病気は、高熱を始めとした風邪の諸症状に似た症状がありますが、おたふく風邪で一番怖いのが合併症と言われています。
おたふく風邪は合併症が非常に多く、合併症が重症化してしまう可能性もありますので、普通の風邪としっかり見極め、早めのうちに医師の診断を受ける必要があるのです。

おたふく風邪はムンプスウイルスが原因で発症し、飛沫感染の可能性がある病気です。
潜伏期間は2〜3週間の間で、感染しても発症しないケースもあります。
一度発症した、もしくは感染したけど発症はしなかったというどちらのケースでも、一度感染すると抗体が出来て二度と感染することはありません。
主な症状は腫れ、痛み、発熱で、耳の下から顎のラインに沿って腫れがある場合はおたふく風邪を疑いましょう。
腫れは両側、もしくは片方だけ腫れることもあり、1週間から10日程度続きます。

おたふく風邪は有効な治療薬がないので、基本的に対症療法となりますから、安静にしていることが最も大切です。
最初の方に記した通り、合併症の発症も怖いため、常にお子様の様子を観察してあげることも大切でしょう。
また腫れが1週間以上続く、熱が5日以上続く、腫れが赤くなっている、男の子の場合には睾丸を痛がるなどの症状があったら、すぐに医師に診てもらってください。

何科にかかるべきか

体のどこかが痛かったり不調な時、例えばお腹が痛ければ内科や胃腸科、頭痛がするのなら脳新外科、目の痛みだったら眼科というように、大体どの科にかかるかは決まっています。
しかし、それぞれの科を受診して問題ないと言われたら、今度はどの科を受診するべきなのでしょうか?

例えば目や歯の痛みは内臓の疲れから来ている可能性、特に肝臓の疲れから来ている場合に起こることもあります。
体は痛みを発している部分とその痛みの原因が離れていることも珍しくありませんから、万が一普段受診している科に行っても改善がされない場合、医師と相談しつつ原因を全身から探していくことになります。

意外な所が原因の場合も大いにありますから、じっくりと症状と向き合って考えていくのが解決への一歩になるでしょう。

小児科に通えるのは何歳まで?

お子様のいるお母さん達の病院に対する疑問の1つとして、小児科にはいったい何歳まで連れて行っていいのかというお悩みがあるそうです。
実は小児科は何歳まで、という明確な基準は定められていないため、今かかりつけ医になっている小児科によって変わってしまいます。

多くの小児科が掲げている基準としては大体15歳、つまり中学生までは診てくれる場合が多いそうです。
しかし小さい時から酷い喘息や糖尿病のように重い病気がある場合、高校生になっても今まで診てくれていた医師が良いと希望を伝えれば、その医師が診てくれることもありますので相談してみてください。

しかし高校生になってからこのような病気を発症した場合には、素直に内科に行くようにしましょう。

インフルエンザの予防

毎年猛威を振るっているインフルエンザは、まさに今、1月末〜3月中頃がピークだと言われています。

38℃以上の高熱や頭痛や関節痛、筋肉痛などの風邪の諸症状とあまり変わらない症状が典型的なインフルエンザの症状と言えます。
更に高齢の方だと細菌性肺炎だったり、お子様だと肺炎やインフルエンザ脳症を発症してしまう可能性があるので、インフルエンザの予防は非常に大切な要素の1つと言えるでしょう。

主なインフルエンザの感染経路は感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染、感染者の手や身体を直接触接触感染です。
飛沫感染を防ぐ為には咳やくしゃみをする人がマスクすること、接触感染は石鹸による手洗いや速乾性のアルコール剤による消毒が最も大切となります。

毛穴の治療「アグネス」

毛穴治療である「アグネス」は、毛穴の皮脂腺を高周波で破壊することで毛穴を目立たなくします。
元々は脱毛器だったのですが、その後ニキビ治療への効果や目のたるみの治療にも応用されてきたりと、本来は毛穴専用治療を目的として作られた訳ではないようです。

実は毛穴に対する治療に関しても応用として行なわれており、治療を受けてから大体2週間程度したら効果が実感できるという場合が多いそうです。
その治療の特徴から、一度に全ての鼻の毛穴を治そうとすると赤みが残ってしまう可能性がありますので、何度かに分けて施術を受けることをおススメします。

また実際に施術を受けた方の話を見てみると、多くの方が黒ずみの毛穴が無くなったと実感していますので、特に黒ずみ毛穴にお悩みの方にいいのかもしれません。

脇を切らないワキガ・多汗症治療 ビューホット

多汗症やワキガで悩まされている方は多くいらっしゃると思いますが、それらの治療には脇を切る必要があり、中々治療に踏み出すのにも勇気が必要でした。
しかし多汗症・ワキガのお悩みをおよそ98%解消できる最新治療法「ビューホット」は、脇を切らずに治療が出来ると注目を浴びています。

ビューホットを照射することで高周波の極細針が脇の下全体に熱を浸透し、ワキガの臭いの原因である「アポクリン汗線」、汗の元になる「エクリン汗線」の双方をそれぞれ破壊します。
針と聞くと痛みのあるイメージですが、脇を冷やしながら照射が可能であったり、クリニックによっては局部麻酔にも対応してくれるなど、痛みを感じないための対応がされますので安心してください。

傷口も全くと言っていいほど目立ちませんし、翌日からシャワーを浴びることが出来るのでライフスタイルに影響が出る心配もありません。

聖ローザクリニック

産婦人科・小児科を専門にしている医院で、白を基調とした明るい空間は清潔感もあり過ごしやすいと評判です。
内装にも力を入れており、シャンデリアの柔らかい光が溢れる待ち合い室は病院に来ていることも忘れてしまいます。

5室の完全個室の診察室を設けており、プライバシーにもしっかり配慮した造りになっているので周りに聞かれたくないことでも安心して話してもらえるでしょう。
また患者様への負担が最小限に抑えられる内診台を導入しているため、快適な診察をしてもらえるのが魅力です。

産婦人科と小児科が同じ医院内にあるため、出産後も継続して診療できるから、お子様のかかりつけ医としても安心・便利でしょう。

メディカルケア虎ノ門

メディカルケア虎ノ門は、東京メトロ銀座線 虎ノ門駅の4番出口より徒歩2分にあり、ちょっと離れたところに住んでいるいる人も駅から近く通いやすい病院になっています。
ここはリワーク外来というのをしており、うつ病で悩んでいる人を社会復帰させることを取り組んでいて患者は会社のように部署ごとに別れて、それぞれに振り分けられた業務に携わり擬似的な体験をしながら、仕事への復帰を目指すというリハビリを行っている病院なのです。

うつ病とはストレスなどが原因でゆううつな気分・不眠・活力の低下が続いてしまう病気で1年間で約3万人の自殺者のうち、うつ病による自殺者は約6,500人にのぼりもっとも多いんです。
死にもつながってしまう病気をいかに治すかを医者たちは模索しています。

愛知医科大学病院

手術フロアーは年間、1万件以上の手術に対応できるように19室に手術室を完備してある大きい病院になっています。
そのうち一室は、血管造影と手術ができるハイブリット手術室があり、カテーテルを血管に挿入し治療を行うインターベンション主義と外科的主義の両方を1室で行うことが可能なのです。

ガン医療における放射線治療は、外科治療と薬物治療とともにガン治療にかかせない治療になっていますが、脳や脊髄に病相がある場合や、十分な線量を照射できない治療に対して正確で高質力な照射が可能となりました。
これによって治療にかかる時間が短縮され、より正確な治療を行える最新機器が導入されています。

3 / 512345