光美容器 JoyVersion

動画で紹介されている脱毛器は、売り上げランキング1位を獲得のしたこともある機器で現在も高い人気を獲得している脱毛危機です。

こちらの機器の人気の理由として、効果を実感しやすい、痛くない、自宅で出来て簡単に試用することが出来るなどの特徴があります。
きになる脇などはもちろんのことVIOライン、腕、脚等照射回数の関係で家庭用IPLではなかなか充分な無駄毛けあができなかった部位の無駄毛ケアもおこなうことができます。

また部位別に使用することができる3つのカートリッジが付属されており、目的にあわせた脱毛をしていただくことができます。

大腸3D−CT検査

いままでの大腸のがん検診は内視鏡の検査を想像するかと思いますが、内視鏡の検査では前日には食事の制限をして、痛い内視鏡を入れなければいけないといった理由から検査をしないという方もおおいかと思います。
 
しかし、最新の検査方法である大腸3D−CTをするkとによって靭帯を輪切り上に撮影することによって内視鏡を入れることなく大腸の様子を撮影することが可能なようです。
 
また内視鏡は大腸の中を通っていきますので、大腸の外をみることができないということがありましたが、大腸3D−CT検査では大腸の外側も撮影することができます。

メディオスターNeXT PRO

日々人気を重ねているレーザー脱毛ですが、中にはレーザーによる脱王は痛みを伴ってしまい、肌の日焼けもしてしまうという危険性もはらんでいたり等がありました。
しかし、このメディオスターNeXT PROであ全く異なっている脱毛の理論によってレーザーだt網による傷み、不便さを改善していきます。

今までのレーザーは毛の毛根を熱破壊する方法の脱毛でコレによって大きな痛みを伴っていました。しかし、メディオスターNeXT PROはバルジとよばれる発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。この毛根よりも浅い層に存在するバルジの破壊は痛みを少なく抑える事が可能になっています。

うつ病に関する最新医療

うつ病は発症して回復したとしても復職の2年後には約75%の患者さんが休職する病気といわれています。とても元気であった人がある日突然発症してしまうケースというのは非常におおくいらっしゃいます。

うつ病とは職場や人間関係などのストレスなどが原因で憂鬱な気分や不眠意欲や活力の低下が続くといわれています。
一般的名治療法は抗うつ薬で治療をおこなっていいますが、動画で紹介されている患者さんは抗うつ薬がきかなかったとのことです。

そこで救いを求めたのが動画で紹介されている病院でのTMS、経頭蓋磁気刺激という最新の機器で前頭葉を刺激することによって血流をよくし、回復をはかります。

1滴の血だけでがんの早期発見ができる可能性!

血液中のガンに関連する物質が放つ光を捉えてがんの有無を診断する方法を神戸市の医療機器会社マイテックと昭和大学江東豊洲病院などのグループが世界で始めて開発した1滴の血液を使用し、3分以内で診断できるという画期的な機器で臨床応用を目指しています。

マイテックが開発した特殊な金属チップに血液を付着させ、がんが免疫に攻撃されたときに血液中に溶け出るヌクレオーソムという物質を集めてレーザーを当てて検出した量でがんを診断する手法を開発しました。

がん患者や良性腫瘍の患者さんに検査を行ったところ現在にところ的中率は100%であったそうです。

医療レーザー脱毛の仕組み

こちらの動画では医療レーザー脱毛について画像を使用して分かりやすく説明されています。脱毛をしたいけどどういった仕組みになっているのか知りたいといった方にとても有効だと思います。

脱毛に必要なのは毛根だけですので、まずは毛先を剃り落とします。普段は自分で沿ってから行きますが、初回は沿っていいのかを病院に確認することが良いかと思います。

次に毛根やその近くの皮膚を冷却していきます。その後でレーザーを当てていきますが、レーザーと聞いて不安に感じる方がいらっしゃるかと思いますが、レーザーは太陽光と同じ可視光の一種で無害ですので、安心できます。

血栓症ってどんな症状?

血栓症という症状は、血の塊などカサブタのような症状だと勘違いしている人もいるかもしれませんが、傷を防ぐため形成されたカサブタはやがて自然と剥がれ落ちる物であり、血栓とは体の内側にできるカサブタの事なのです。

血液中の成分のバランスが崩れてしまっていると、血栓が溶けることなく血管を塞いでしまう可能性があるのです。

もし、心臓の近くの動脈や冠動脈に血栓が発生してしまうと心筋梗塞になることが考えられますし、脳の血管に血栓が発生したら脳梗塞になってしまう可能性もあるのです。

長時間同じ姿勢でいることにより足の浮腫みが発生したり、皮膚の色がいつもより悪いという場合や、足の痛みか胸の痛みを感じる場合や、息切れなどの症状がある場合には医師の診察を受けましょう。

http://youtu.be/rmrkhJT-ewQ

体内の免疫のしくみの解説

体内の免疫の仕組みを解説されています。
免疫は身体を外敵から守る仕組みで空気中にばい菌が存在しているのに健康で居られるのは免疫が身体を外的から守っているためです。

外から来る敵を抗原といい、免疫の流れとしてはリンパ球が抗原と判断したものを攻撃します。抗原を食作用で殺すのが細胞性免疫で抗体で抗原を包むのが体液性免疫といいます。
HIVによって起きるエイズが危険というのはこの免疫の働きをだめにしてしまうことが理由です。

免疫が抗原を攻撃することによって拒絶反応をおこしてしまったり花粉症になってしまうといったことや抗原に気づかなかった際に起こるCO中毒等が体内の反応として起こります。

冬に風邪を引きやすい訳

冬は風邪を引きやすいと言うイメージはありますが、寒いからという理由で風邪を引いてしまう訳ではないのです。

冬に風邪を引きやすい1番の原因は乾燥で、冬の気温は空気が乾燥しやすい気温となっており、乾燥によって体内へのウイルスの侵入が簡単になるというメカニズムなのです。

ウイルスは空気中に蔓延していますが、誰かが咳をすると10万個、くしゃみだと100~200万個のウイルスが撒き散らされるのです。
ウイルスは、湿度が高い状態だと重さで下に落ちてしまい、空気中に漂うことがほぼ無いので吸い込んでしまうリスクを軽減できます。しかし、乾燥しているとウイルスの水分自体が蒸発してしまい、ウイルスが軽くなってしまい空気中を漂ってしまうのです。

小児在宅医療の連携

最近では、通院が困難な重症児や長期入院を余儀なくされる小児が増えている一方で、小児専門病院の不足により、本来受けるべき医療を病院で満足に受けられない状態が続いているのが問題として挙げられているそうなのです。

近年では、小児在宅医療システムの構築により、小児在宅医療という新たな取り組みが行われ、自宅で家族と共に過ごしながら医療的ケアを受けられる環境が用意されたのです。
一方で、担当する看護師は殆ど病棟に勤務しているため、お子様の成長に伴う生活の変化への対応の難しさや長期的な視野を持ちにくくなってしまう等の問題も挙げられているそうです。

小児在宅医療が目指す所は、お子様が親・兄弟と家族として一緒の生活を送ることを第1とし、本人やその家族と治療やケアの方法を考え実現していくところなのかもしれませんね。

1 / 612345...最後 »